怪しい団体のマインドセッション催眠

RJ154472_img_main
私はゴシップ誌などで記事を書いているライターだ。
・・・いや、ライターだったと言う方が今は正しい。
あの日から俺の人生は変わってしまったからだ。

ふと見かけた数字を神聖視する怪しいセミナーへの勧誘広告。
見るからに胡散臭い内容だったが、
飯の種に困っていた俺は、ゴシップ記事目当てに取材を試みた。
電話に出たのは若い女性だった。
そいつは、翌日の朝に車で迎えに来てくれると言う。

自分はこんなものに引っかからない・・
引っかかるはずがない・・そんな根拠の無い自信。

それは、車に乗った時からガラガラと崩れていく。
朦朧とした意識の中・・
俺の心は、二人の女性にじわりじわりと絡め取られていった。
まるで自分から蜘蛛の巣に飛び込む虫のように。

※この物語はフィクションです。
実在の団体などをモデルに制作はしておりません。
正直、卵が割れるOPのドラマレベルの胡散臭いものです。

●内容
01 注意事項(約1分)
02 事前説明とリラックス運動(13分)
→事前説明・イヤホンの左右指定・リラクゼーション音楽のみのパートです。
03 本編(1時間)
合計:1時間14分程度

●台本/音声編集
サークルF・A・S
tareme
催眠作品を紹介しながら自分でも作るブログ

●編集協力
BrainJunction
873

●声優
ポプラの樹の下で。
沢野ぽぷら 様

●作曲
スタジオKITさん(楽曲のマイリスト)

●イラスト
doskoinpo様

アンビエント+バイノーラルの催眠第二弾です。
今回は物語調の作りになっています。
主人公のライターになったつもりで楽しんで下さい。


ページランキング