淫語なおさななじみ06 あした旅立つ幼なじみの焼けた素肌と視姦願望

RJ165922_img_main
その夏も、ほとんどの時間をお姉ちゃんと過ごした。
いつもの場所――裏山の中腹、流れのおだやかな川べりで。
少し下流に遊泳場があるおかげで誰も訪れない、二人だけの秘密の場所で。

セミの声が響き渡る静かな水場で二人きり。そろって真っ黒に日焼けした。
何もかもが例年どおり。違うのはひとつだけ。
夏が終わるとお姉ちゃんは、家族とともに都会へ旅立つ。

――8月31日、お姉ちゃんは昔の水着を身につけて現れた。
小さすぎるスクール水着を無理やり着込んだ日焼け肌。
肩ひも、胸元、背中、股間、お尻――水着の縁からはみ出す白い肌。

普段は水着に覆われている部分は日焼けをまぬがれ透き通るように真っ白で。
濡れた布地が肢体に張りつき激しく食い込み、お尻と乳房は身動きのたび露出を増して。
羞恥に頬を染めながら、お姉ちゃんは僕の海パンを脱がせて――

包茎チ○ポをからかいながら包皮を剥き、丁寧にフェラチオしてくれた。
日焼けのラインを指先でなぞらせ、スクール水着のお尻の食い込みを直させた。
クロッチをずらして露出したオマ○コにチ○ポ密着させて手コキして。
深夜の山道を全裸で歩き、月明かりの下、とろけた笑顔で放尿して。
初めて同士で野外セックスして……。

別れの日、心と身体のすべてを捧げてくれた年上幼なじみ。
幼い頃からずっと一緒だった少女が最後に露わにした痴態を、いつまでも心の奥に。

★第1話 太陽の下で初フェラチオ (20:37)
童貞チ○ポ観察/チ○ポの皮剥き/フェラチオ/亀頭しゃぶり/口内射精/ごっくん

★第2話 日焼けラインと食い込み直しとワキしゃぶり (16:06)
背中の日焼け跡をなぞらせる/お尻の食い込みを直させる
ワキの下見せつけ/ワキ舐め見せつけ/ワキしゃぶり強要
ワキに顔うずめる/ワキの下甘噛み/ワキ汗の匂い/ワキ汗舐め取らせ

★第3話 寸止めセンズリと手コキぶっかけ (13:57)
センズリ強要/乳首責め/言葉責め/センズリ寸止め/乳首いじめ手コキ/射精寸止め
オマ○コ露出/オマ○コにチ○ポ密着させて手コキ/オマ○コにぶっかけ射精

★第4話 全裸散歩と露出放尿 (07:42)
露出プレイ/全裸で徘徊/M字開脚/くぱぁ/放尿見せつけ

★第5話 初セックスは月明かりの下で (20:10)
野外セックス/騎乗位/処女喪失/童貞喪失/アクメ/中出し射精
連続アクメ/連続中出し

★第6話 エピローグ (4:30)
お楽しみに!

※音声ファイル mp3ファイル6本 約83分
※CV 秋野かえで
※イラスト しろか


ページランキング