くのいち少女のこちょこちょくすぐり拷問術!

rj184026_img_main
●あらすじ&作品概要
とある人物に雇われた傭兵忍者であるあなた。
任務で城に潜入したは良いものの、途中で敵のくのいち少女に捕えられてしまいました。

雇い主の名前を吐け!という彼女の尋問を拒むあなたでしたが、
城の地下に連れて行かれ、名前を吐くまで凄惨な拷問にかけられてしまうことに!

その内容とは、動けなくなった体の腋の下
・足の裏・脇腹など、敏感なところをひたすら指でこちょこちょされる…
とっても恐ろしい『くすぐり拷問』でした!

■1:くのいちに捕まるの巻(再生時間:4分13秒)
任務の途中で敵のくのいち少女に捕まってしまったあなた。
尋問に対し口を閉ざしていると、地下の拷問室へ連れて行かれることになってしまい…。

「私?見ての通り、君の同業者だよ♪
有事に備えてここのお殿様に仕えてる女の忍者…所謂くのいち、でござる♪」

「もし大人しく教えてくれないなら…体に聞いてあげてもいいんだよ?
動けない君に、くのいち秘伝のいろ~んなことをして…ね♪」

■2:くすぐり拷問の巻(再生時間:25分14秒)
手足を動かせないまま拷問室へ連行されてしまったあなた。
そこで行われるのは、雇い主の名前を吐くまで全身を
こちょこちょくすぐられ笑わせられる、恐ろしい「くすぐり拷問」でした!

足の裏から始まり、膝、太もも、脇腹、腋の下などを敏感なところを色んな手つきで
こちょこちょこしょこしょ…果たして彼女の拷問術に耐え抜くことなどできるのでしょうか?

「覚悟しなよ?私の忍びの里に伝わるくすぐり拷問術で、
洗いざらい全部吐かせちゃうんだから♪そ~れ敏感な土踏まずを~♪」

「手を左右に広げて~体の両脇に…ガバッ♪くのいち忍法…脇腹按摩の術♪」

主にくすぐられる場所:足の裏・膝・太もも・脇腹・腋の下など

■3:くすぐりながらお楽しみの巻(再生時間:31分13秒)
結局拷問に屈して情報を吐いてしまった貴方。
このまま消されるかと覚悟を決めていましたが、
なんと今度は興奮したくのいちにそのまま犯されることに!

動けない体の上で好き放題に腰を振られ
…欲求不満な彼女はあなたが達してしまってもやめてくれません。
それどころか犯しながら再びあなたの体をこちょこちょしてきて…。

「近頃忙しくて色々たまってたとこだし
…突きだす前にちょっとだけ、個人的に楽しませてもらおっかな♪」

「そんな必死になるくらいコレ、嫌なんだ~♪
それじゃあ…一杯してあげる♪ぐちゅぐちゅしながら脇腹を~♪」

主にくすぐられる場所:(犯されながら)脇腹・お腹・へそ・腋の下など

■4:その後…(再生時間:2分5秒)
拷問とお楽しみから数日後。くのいちに気に入られてしまったあなたは…?
「ん?どうしたの?くすぐり拷問術の練習に付き合わされることに、何か文句でもあるの?」

(本編合計再生時間:62分45秒)

※トラック3は効果音あり/なし両方のトラックを収録しております。
お好みのバージョンを選んでお聴きください

☆本編以外にオマケとして
■シナリオテキスト(一部収録用に編集しております)
■パッケージイラスト 
■七海うと様のフリートークをそれぞれ収録しています!

●制作スタッフ
■出演:七海うと様(くのいち役)
■イラスト:みる☆くるみ様
■使用させていただいた効果音:PeachStudio(柚木桃香/桃華)様

協力
MOMOKA。様

■シナリオ・企画:からあげ農園


ページランキング