旧型子守ロボットに筆おろししてもらう科学少年の話




工具を借りに祖父の倉庫に行った科学少年の朝永瑠偉くん。
倉庫で何か使えそうな物を探していると1体の旧型子守ロボットを見つける。

それを起動してみるとあまりにも良く出来ているので関心して
「こんなロボットを作るには…相当ロボット工学に精通していないと」
と言いかけた所で子守ロボットは「”ぼく“はまだ”精通“していないの?」

と尋ねてきたから、反射的に「いや僕なんてまだまだ…」と返すと
「まぁ!大変じゃあ私が”精通“のお手伝いをしてあげるわね」
といって瑠偉くんのズボンを脱がし始める。

分けのわからないままおち○ちんを
剥かれ手コキされて瑠偉くんは射精してしまうと子守ロボットは
「まだおち○ちん元気一杯だから…次はSEXのお勉強もしようか…」と言う。

子守ロボットに促されるまま性知識の無い瑠偉くんは
子守ロボット相手におち○ちんを挿入したり、パイズリを
してもらったり、おっぱいを吸わせてもらったりして筆おろしをしてもらう…

といった内容のオリジナルカラー漫画作品でページ数は表紙+本編20pおまけ1pの計21pです。
(作品にはおねショタ、ロボ娘要素が含まれます。)


ページランキング