名家の性なる帝王学 ~当主たるもの勉学後のセックスは日常茶飯事~

RJ172575_img_main
RJ172575_img_smp2
RJ172575_img_smp3
「帰ってきてしまった…。二度と帰らないと決めていたのに…」

主人公、鳳 勇一郎は地元の名家である鳳家の次期当主。
家出中の所を保護され、実家に舞い戻る事になった。
帰ってきた勇一郎を迎える、鳳の家族と家人達。

家政婦兼教育係の赤城 理沙(りさ)。
鳳家の当主代行かつ継母の鳳 貴美緒(きみお)。
貴美緒の娘で義姉の鳳 愛貴(あき)。

鉄の掟と呼ばれる鳳家独自の風習で、
家族ならびに家人は当主に絶対服従を強いられていた。

その中でも理沙は名家の生まれでありながら、
それらを捨て家出を敢行した勇一郎に興味深々。

「ところで坊ちゃまは未経験でしたか? 当家の家人のたしなみを」

そう言いスカートをたくし上げる理沙。

「家人は当主に性の奉仕をせよ…と」
「当家の掟の一つでございます」

掟は継母と義姉を巻き込み、
鳳家は白濁の液で侵食されていく。
この家は…あらゆる意味で狂っている…。

この宿命からは逃れられない…。
名家の次期当主とそれを巡る家族・家人達が繰り広げる精液まみれの帝王学!! 

解像度1600×1200の台詞付きCG全101ページ(基本16枚)に
擬音・台詞抜きCG103枚を収録。PDF版同梱。


ページランキング