人形姫の城 ~貴方はもう、あたしの下僕~






「――私は、魂がほしいの」
青年に相対した少女は、まるで虚空にでも呟くようにそう告げた。

青年の名は夏目明彦。
日本の学生であり、見聞を広めるため、ここ英国へ留学に来た。
そんな時、友人のジャックから深い森の奥にある廃城の噂を聞いてしまう。
足を踏み入れたが最後――誰も帰ってきた者はいない、と

馬鹿馬鹿しいと笑い飛ばした明彦だったが、ある日興味本位で足を踏み入れてしまった。
この、人々から魔の城と恐れられる、古城へと。

そこで出会ったのは、恐ろしいほどに美しい少女。いや、少女というのは正しくない。
なぜなら彼女は、とてつもなく精巧に造られた『自動人形』だったからである。

人に造られた存在――。
だから、彼女には魂がない。

彼女は、もう何年も魂を欲しているのだという。
少女のような可憐な笑みも、時折見せる寂しげな
目元も、全ては人間が計算し、刻み込んだ紛い物。

いくら本物のように見えようと、人形であることに変わりない。
『完璧』を求めて造られた彼女にとって、それは耐えがたきことだった。

魂――。魂さえ有れば、本物になれる――と。
彼女はそう信じていた。

そして久々にこの城に足を踏み入れたのが、明彦だった。
これまで出会った人間とどこかが違う明彦に、
少女は何故か心を動かされ、しばらく生かしておくことにする。

かくして、命を預けることになったこの少女との、不思議な生活が幕を開けた――


ページランキング