おとな君のからっぽになるまで。Episode1/おとな君と搾精ガジェット研究員

rj184802_img_main
<あらすじ>
砂尾(すなお)おとな君は素直でおとなしい男の子。
ある夏休み、彼の両親は彼を置いて二週間海外旅行へ。

両親は旅行の間、マンションのお隣に
住んでいるお姉さんに息子の面倒を見てほしいと依頼する。
大学に入ったときに上京し、砂尾家でもときどき夕食をともに
する彼女に、おとな君も気を許していたが、彼女の部屋には上がったことがなかった。

しかしこの日、留守番をするおとな君の
ために食事を作ったからと、初めて部屋に招き入れられる。
そこでおとな君が目にしたものは、見慣れぬ機械の数々。

まだ女性に免疫のないおとな君には、これから親が戻るまでの間、
一度も帰してもらえず、ひたすら童貞精液を機械で搾り取られつづけることとなる…………。

Part 0……導入。お姉さんに昼食をご馳走になるも薬を盛られる。
Part 1……お姉さんの作った搾精機の責めに10分間耐えられなければ2週間実験体に!
Part 2……結局耐えられず、搾精機の全力の責めを受け辱められる。
Part 3……1週間後、解放のチャンスとして危険日のお姉さんに
10分間中出し禁止強制セッ○ス。(機械で無理矢理に腰を振らされる)
Part 4……2週間後、やっと両親が帰宅して解放されるも
遠隔操作ガジェットでいつでもどこでもひたすら絞られることに。

※合計52分

声の出演:小石川うに様
イラスト:F.S様
テキスト:サソイ ウケツナ


ページランキング