【ハイレゾ/バイノーラル】催眠術が使える隣の美人姉妹が俺のことをもてあそんだ件―いもうと編―


■イントロダクション
・すたじおちゃれん新規ボイスドラマレーベル!

・バイノーラル録音による超絶リアル音声!
吐息から水音まで、徹底的にゾクゾクさせちゃいます!

・ロスレスハイレゾ音源(FLAC形式 192kHz/24bit)と、
圧縮ハイレゾ音源(MP3形式 48kHz/CBR 320kbps)を同時収録!

・催眠に造詣の深い、熟練シナリオライターによる正統派催眠モノ!
ねちっこいエロさに昇天間違いナシ!

・全セリフを収録した完全版と、
セリフを間引いてサクッと聞けるライト版の2バージョンを収録!

■ストーリー
「おじゃまします。ダメだと言っても入ります。入りました」
ある日、エロ画像を検索していた“俺”の部屋に、またしてもいきなり女の子が現れた。

「昨日、こちらにお邪魔したお姉ちゃんから、
あなたがおかずで楽しんでいるところが、とても可愛かったと聞きましたので」
彼女は、隣に住む美人姉妹の妹の方、さちだ。

「でも……お姉ちゃんは、その後にも、
何かを見た様子……詳しくは教えてくれませんでしたが」
“俺”がエロ画像の映った画面を隠す間もなく、さちは“俺”に近づいてくる。

「ずるいです。お隣同士なのに、お姉ちゃんだけ、あなたの何かを見たなんて」
いや、何かって……その……あれは、ゴニョゴニョ……。

「だから、私にも見せてもらいます」
えっ?

「ご存じの通り、私は心理学を学んでいます。ちょうど、もうじき、
レポートを提出しなければならない講義があって……その作成に、協力してもらいます」
いやいやいや、レポートってそんな、ちょっと待っ――

「特別なことはお願いしません。簡単なことでいいんです。
あなたは、ただじっとして、私の言うとおりにしていればいい……」
さちの貫くような視線に“俺”の身体は硬直する。

「気持ちよくなるんです」
もう“俺”は、彼女の実験台だった。

■登場ヒロイン
御厨(みくりや)さち CV:花笠れい
大学生の“俺”と同い年で、姉のさくらさんの
仕事の都合で、この春から隣の部屋に二人で越してきた。
“俺”と同じ大学で心理学を学んでいる。

おっぱいはそこそこだけど、全体的なプロポーションはいいかな。
クールというか表情の変化に乏しいタイプだけど、
感情が乏しいわけではなく、しかもよくしゃべる。

エッチなことにも大いに興味があるっぽい。
学者肌で、“俺”のことはお気に入りの実験台だと思っているみたいだけど……。

■チャプター構成
Chapter 00:タイトル(00:40)

・ライト版(セリフが間引いてあります)(総時間 1:21:00)

Chapter 01:プロローグ(02:40)
Chapter 02:誘導(08:45)
Chapter 03:欲情(04:06)
Chapter 04:愛撫(26:42)
Chapter 05:乳首責め(11:04)
Chapter 06:快感増大(13:58)
Chapter 07:股間責め(07:39)
Chapter 08:余韻(06:06)

・完全版(総時間 1:38:55)

Chapter 09:プロローグ(03:44)
Chapter 10:誘導(13:10)
Chapter 11:欲情(07:27)
Chapter 12:愛撫(29:13)
Chapter 13:乳首責め(13:01)
Chapter 14:快感増大(18:01)
Chapter 15:股間責め(08:13)
Chapter 16:余韻(06:06)

■クレジット
企画・編集:ざくそん
シナリオ:おくとぱす
イラスト:添い寝
声優:花笠れい
制作:すたじおちゃれん


ページランキング