【ハイレゾ/バイノーラル】催眠術が使える隣の美人姉妹が俺のことをもてあそんだ件 ―お姉さん編―


■イントロダクション
・すたじおちゃれん新規ボイスドラマレーベル第1弾!

・バイノーラル録音による超絶リアル音声!
 吐息から水音まで、徹底的にゾクゾクさせちゃいます!

・ロスレスハイレゾ音源(FLAC形式 192kHz/24bit)と、
 圧縮ハイレゾ音源(MP3形式 48kHz/CBR 320kbps)を同時収録!

・催眠に造詣の深い、熟練シナリオライターによる正統派催眠モノ!
 ねちっこいエロさに昇天間違いナシ!

・全セリフを収録した完全版と、
 セリフを間引いてサクッと聞けるライト版の2バージョンを収録!

■ストーリー
「おじゃましまーす!」
休みの日の午後、エロ画像を検索していた“俺”の部屋に、彼女はいきなり現れた。

「あはは、驚いた? ごめんね、すごーく集中してたから、静かに入ってきちゃった」
隣に住む美人姉妹のお姉さんの方、さくらさん。

「おかず、作り過ぎちゃったんで、
お隣のおねーさんからのおすそわけ……のつもりだったんだけど」
“俺”はあわててモニターの画像を隠そうとしたけれど……

「これは、違う意味でのおかず……だったかな?」
バレてた。

「ストレス、発散させてあげようか?」
ストレス発散ってもしかして、さくらさん得意の催眠術……?

「そう、全部、まかせて。あなたの望み通りに。体も、心も、深く、深ぁぁく」
穏やかだった彼女の瞳に、嗜虐的な光が浮かぶ。
それは“獲物”を狙う目。

「気持ちよくしてあげる」
獲物の“俺”は、もう逃げられない。

■登場ヒロイン
御厨(みくりや)さくら CV:花笠れい
大学生の“俺”より年上の、きれいなお姉さん。
巨乳で色っぽく、ふんわりとした雰囲気の人。

“俺”のマンションの隣の部屋に、この春から越してきた。
大学生の妹と二人暮らしで、心療内科の看護師さんだ。
基本的にはやさしいけれど、どうやら根はSっぽいような……。
“俺”のこと、隣のかわいい男の子くらいに思っているんじゃないかな。

■チャプター構成
Chapter 00:タイトル(00:31)

・ライト版(セリフが間引いてあります)(総時間 77:11)
Chapter 01:プロローグ(04:05)
Chapter 02:誘導(15:56)
Chapter 03:欲情(03:56)
Chapter 04:愛撫(18:58)
Chapter 05:乳首責め(11:22)
Chapter 06:快感増大(12:21)
Chapter 07:股間責め(04:55)
Chapter 08:余韻(05:38)

・完全版(総時間 97:05)
Chapter 09:プロローグ(04:40)
Chapter 10:誘導(18:08)
Chapter 11:欲情(05:26)
Chapter 12:愛撫(21:33)
Chapter 13:乳首責め(12:12)
Chapter 14:快感増大(20:26)
Chapter 15:股間責め(09:02)
Chapter 16:余韻(05:38)

■クレジット
企画・編集:ざくそん
シナリオ:おくとぱす
声優:花笠れい
イラスト:添い寝
制作:すたじおちゃれん


ページランキング