侵略女帝とカワイイ王子!? 女騎士まで参戦中




「ダメです! フィーリア様は帝国の皇帝で僕は王国からの人質で……」
「そうは言っても、我のなかでリオンたんの××は射精したがって震えてるぞ!」

騎乗位で繋がる女帝に、王子は天を仰ぎ、自然と腰を突き出してしまう。

「ごめんなさい、フィーリア様ぁぁぁぁ!」
「んぅううっ! 子宮に収まらないほどの、これがリオンたんの膣内出しぃいっ!」

結合部から溢れるくらい熱い欲望を注がれて、フィーリアがうっとりと笑みを浮かべる。

「なんだ、まだまだ元気じゃないか」
大量に精を放っても一向に萎えない男根を咥えこみ、女帝は再び腰を振り出した。
「ああっ……僕、また陛下のなかに出しちゃいます!」


ページランキング