ママの友達は蜜の味 ~内緒の童貞教育~

VJ009364_img_main
VJ009364_img_smpa4
VJ009364_img_smpa5
「そうだ。薫くんもお茶会に来ない?」
僕こと関島薫は、今日、急な仕事で飛び出した
ママの変わりにお隣のお茶会に参加することになった。

「さあ、どうぞ。散らかっているけれど」
宮森鈴乃さん。僕たちの隣に住んでいる人妻だ。
おっとりとしてやさしい性格で、ママとは仲がよい。
上品な感じの美人で、僕はちょっと憧れめいたものを抱いていた。

「そう固くならなくてもいいぞ。座るがいい」
もう一人の彼女は霧島冴子さん。
鈴乃さんが癒し系の美人だとするならば、彼女は知的クール系の美女。
官能美と母性美とに満ちている。

タイプの違う年上美女二人を前にして思いの外に
あがってしまったけど、美人のお姉さん二人とのお話は、とても楽しかった。
初めのうちはごく当たり前の話題だったのだが、徐々に雲行きがあやしくなってきて……。

「ふーん。女の子と付き合ったことないんだ。じゃあ、色々と未経験なんだ」
いつになく悪戯っぽい笑みを浮かべた鈴乃さんが、さり気なく僕に身を寄せてくる。
「えっちなこと、したことないんでしょ……?」
金縛りにあったかのように硬直している僕。
その耳元が、人妻の妖しい問いかけにくすぐられた。