ゆくもり宿こがね庵-あやかし女将の糸に巻かれ蕩けていく初夜-


「あなた」を待ち望んでいたあやかし女将さんに全身で尽くされ、糸で巻かれ、
毒で蕩かされながら食べられてしまう深く愛を注がれる癒しいやらしの甘食ストーリー。

※当作品は全編バイノーラル録音による立体音響作品です。
ヘッドフォン・イヤフォンを使用してのご視聴をお勧めします。

※wav版/mp3版同梱となります。

-あらすじ-
「わたくし、全てをかけて旦那さまに尽くしたいんです」

ある日「あなた」の元に届いた、山奥の宿への招待状。
ロープウェイでしか辿り着けないその宿へやってきたあなたは
「あなたにもっと尽くしたいから」と女将と紙の上での祝言を結ぶことに。

温泉でのシャンプー、垢すり、
耳かきに始まり「夫婦なんですから」と戯れに耳を舐められ……。

その晩、初夜を迎えた彼女の背中に人ではない脚が生えてきて……

-キャラクター-
○こがね(CV:このえゆずこ)
ロープウェイでしか行き来できない山奥の隠れ宿「こがね庵」の女将。

「あなた」のことを特別なお客さまとしてまるで
本当の夫婦のように積極的に接してきますが、実は……。

-トラックリスト-
○01-雲ヶ岳温泉郷へ (02:40)
雲ヶ岳温泉郷へとやって来たあなたを出迎えたのは
山奥のお宿の女将としては少々年若いこがねという女性でした。

○02-山歩き (09:49)
昔話を聞きながらお宿へ向かいましょう。

○03-文祝言 (5:13)
「あなたは特別なお客さまですから」と
この地方に古く伝わる文の上での祝言を結ぶことに……。 

○04-糸捺しの湯 (17:28)
[温泉/シャンプー/垢すり]
「お背中お流しいたします」と
こがねと共にこの宿の名物である温泉に向かいます。

○05-目打たせ湯 (06:21)
[打たせ湯/ハンドマッサージ]
薬湯の小さな打たせ湯で目の疲労を取りましょう。

○06-温泉耳かき(08:02)
[お湯注ぎ/綿棒]
お湯を耳に注いで汚れを浮かせ、
綿棒で吸い取る温泉耳かきで耳の中まで綺麗に洗ってしまいましょう。

○07-戯れ耳舐め (14:49)
[耳舐め]
綺麗になったあなたの耳が可愛いとこがねが唇と舌で戯れてきて……。

○08-耳舐め手淫 (12:23)
[耳舐め/手コキ]
勃起してしまったあなたのものに
こがねは「お嫁さんですから」と喜んで指を絡ませてきます。

○09-添い寝 (05:16)
[添い寝/背中なでなで]
お夕飯の時間までお休みくださいと、
こがねもいっしょにお布団に入って添い寝をします。

○10-夕餉 (02:18)
目覚めたらちょうど夕餉の時間。

○11-ゆったり按摩 (04:03)
[さすりマッサージ/ゆったり肩たたき]
食後に軽いマッサージをしてもらいましょう。

○12-梵天耳くすぐり (10:04)
[膝枕/梵天/オイル綿棒]
乾いた耳を梵天で仕上げおそうじ。

○13-膝枕と口付け (06:30)
[膝枕/キス]
こがねの膝に寝転んだまま景色を楽しみましょう。

○14-初夜 (19:14)
[耳舐め/フェラチオ/騎上位]
こがねと迎える初夜。

○15-絡み糸の交わり (10:11)
[ささやき/操り人形エッチ]
二人の馴れ初めを囁かれながら、
糸で手足を巻かれ無理矢理彼女と交わります……。

○16-脱走 (02:21)
夜の山を逃げるあなたを、こがねが迎えに来ました。

○17-愛喰 (09:33)
[咀嚼/キス]
こがねに連れられお宿に戻ったあなた。
優しく甘く、毒で痛みを奪われながら食べられてしまいます。

○18-着床 (01:06)
残った左手の薬指をこがねは自身のお腹の中へ……。

合計時間 2時間27分

-スタッフ-
■出演:このえゆずこ
■イラスト:ぷちコッコ様
■スタジオ:ねこの手スタジオ様
■制作:じゃばらいふ


ページランキング