あけびの山



昭和30年代。両親の離婚で都会から東北の田舎に
引っ越してきて少年は紅葉に燃える山で出会った蛾の
妖怪あけびとの交流を続けるうち、しだいに異性として意識するようになる。

そして、あけびは性に目覚めた少年の欲望に応えるのであった―。

成人向け漫画雑誌エンジェル倶楽部を初め商業同人問わず
活躍する奇才絵師雨山電信氏の圧倒的な画力と同人サークルにゅくす堂
主宰はらだいこの理想のロリババアを詰め込んだ唯一無二の世界観を是非ご堪能あれ!。

本編22ページ。表紙裏表紙含め全24ぺ―ジ
jpg版・PDF版あり。

ヒロインあけびの設定画と本編の後日譚を書いたSS’何か’を収録しています。
よろしくお願いします。