悪の組織アクメハート ーヒーロー人格処刑場ー



お茶の間に流されるヒーローたちと怪人たちの戦い。
それは虚実のように公開されていたが、実は真実だ。
だが、しかし、ヒーローたちは何度も何度も、新たなヒーローに世代を交代していく。

それは、なぜか。
それは、ヒーローたちが、華々しい勝利の裏で敗北を喫していたからだ。
武力によらない、快楽による悪の組織によって……。

そして、敗北したヒーローたちを待ち受けるのは、戦う意志を完全に挫く
圧倒的なアクメ!アクメ!アクメ!の連続。そうして、人格を“処刑”されるのだ。

これは、悪の組織アクメハートによって
造られたヒーロー人格処刑場と、敗北したヒーロー達の末路を記した物語。

悪の組織アクメハート。
“恒久的な幸福の追求”の理念のもと結成された悪の組織。
魅惑的怪人たちは人々に快楽を与え、惑わし、虜にし、その実は
人が絶頂・オーガズムに達する際に吐き出されるアクメエナジーを喰らう。

アトミックヒーロー
アトミックレッド(リーダー)を中心に、
ブルー、イエロー、グリーン、ピンクの五人で構成されたヒーローチーム。

バックには巨大なヒーロー組織がついており、彼らを常々支援している。
彼らの最大の特徴は、デバイスによって展開されるヒーロースーツに隠されている。

原子力の力を用いたヒーロースーツは、
あらゆる物理攻撃を無効化し、圧倒的な武力によって怪人を排除する。
だが、チーム全員が年若い少年少女によって構成されているため精神的攻撃が弱点となりやすい。

パート
アトミックブルー編  & レッド誘惑敗北分岐
アトミックイエロー編 &     〃
アトミックグリーン編 &     〃
アトミックピンク編  &     〃
アトミックレッド編

文字数 約9万字(89673字)
PDF形式 (縦書き P133・横書き P131 両同封)

イラスト
表紙文字あり・文字なし
挿絵 5点

小説:茶衣流
イラスト:和砂糖様