悪の組織の精液化実験 ~無敵のヒーローからぷりぷり精液になりなさい~


悪の組織が世界征服実現のため日夜暗躍するその世界にて
ヒーローとしての力に目覚め、仲間たちの協力を得ながら今まで
幾度となく戦い、その度におそるべき怪人を撃退してきたあなた。

次第に敵の組織から人類最強の恐るべき戦力と判断されたあなたは、
組織の戦力全てを投入した総攻撃に会い、奮戦虚しく生け捕りにされてしまいます。

敵組織の基地で目を覚ましたあなたに、
幹部たる女怪人が「我が組織で力を振るわないか」と誘ってきます。
きっぱりとその誘いを断るあなたでしたが、その返答を聞いた彼女は楽しそうに笑います。

あなたの意思など関係ないと。
今から行う実験によってヒーローの力を嫌でも組織の為に捧げてしまうのだと。

どんな拷問にも、洗脳にも屈しない。
意思を強く持つあなたでしたが、彼女の行う実験はあなたの想像をはるかに超えるものだったのです。

内容
1.おはよう。ヒーロー君。
見知らぬ場所で目を覚ましたあなた。
次第に意識もはっきりしてきて、自分が生け捕りにされたことを認識します。
特性拘束具で身じろぎひとつ取れない状況下に
ありながら、あなたは屹然とした態度で眼前の女幹部と対峙します。

2.楽しい楽しい実験
いよいよ実験を開始する女幹部。
何が起ころうと決して屈しない。
そう思っていたあなたでしたが、女幹部から告げられた実験内容に驚愕します。

この機械はあなたのヒーローとしての力を
全て精液に変換してしまうというにわかには信じられないものでした。
しかし、次第に薄れていく力と湧き上がる性欲が
まごうことなき真実であると証明してしまいます。

3.射精我慢勝負
ヒーローの力全てを精液にされてしまい、
うなだれるあなたでしたが、その精液を使って最強の怪人を生み出すと
告げられ、射精だけはなんとしても我慢しなければならないと気を強く持ち直します。

しかし、異常な量の精液でパンパンにしたタマを抱えた状態で
どれほどの我慢ができるのか。それでもなお抗う意思を見せるものの、
あなたのおち◯ちんは最早息を吹きかけられただけで射精してしまう状態です。
例えどんな雑な手コキであろうと、きっとひとたまりもないに違いありません。

4.趣味の時間
抵抗むなしく呆気なく射精してしまったあなた。
完全にヒーローの力が失われ茫然自失となり、しまいには泣き出してしまいます。
ですが彼女の実験はこれで終わりではありませんでした。

ヒーローの力が失われた以上、あなたは無価値な一般人となりましたが、
今度は先ほどの機械を使い、あなた自身を精液にすると宣言されます。
精液になり、自分のタマの中に閉じ込められ、射精して体から出ていく。

考えただけでおぞましいその内容に、何でもするから許してくれと、
みっともなく喚くあなたでしたが、無情にもスイッチが再び押されてしまいます。

5.私の中にいらっしゃい
自分のタマの中で意識を取り戻したあなた。
女怪人はあなたの体にまたがり、あなたとの子作りセックスを始めます。
射精される精液はあなた自身。ならば作られる子供は、もちろんあなた。

もしあなたがこのまま精液として彼女の中へ飛び出せば、
子宮の卵子へ結びつき、怪人へと生まれ変わってしまうでしょう。
そして目の前の女怪人が自分の母親となるのです。

それだけは嫌だと思うものの、我慢の一切聞かない体は
あなたという精液をどんどん、どんどんと射精へと追い込んでいきます。

収録時間:約1時間

CV:口谷亜夜様
イラスト:えそらごと様
台本:狐屋本舗


ページランキング