安楽(パイズリ)死担当官




■あらすじ
「劣等国民」に認定されたものは速やかに「死」をもって処分される
ただし、至上の幸福――すなわちパイズリセックスによって

それがこの国の「安楽死制度」であり、一切の例外はない
「安楽死担当官」は通称「搾死官」とも呼ばれ、日々劣悪なるものを乳で殺し続けている

目にしただけで過剰な乳交への欲望に支配され釘づけに
なってしまう凶悪な爆乳を誇る搾死官を前に、劣等国民が逃れる術はない

やがて、すべての子種は乳内射精(むだうち)によって死に絶えるだろう

■概要
基本CG:13枚(うちパイズリシーン9枚)
本編:251枚

パイズリ死オンリーCG集(すべてのシチュエーションがパイズリ死です)
「5Z138」と「4Z132」の二人のキャラクターが登場し、内容は8つのcaseで構成されています

■5Z138の場合
安楽(パイズリ)死担当官 [喘葉の森]

case1:安楽死の典型例
劣等国民に認定された場合、事前通知なしに
安楽死担当官は現れ「自死」か「安楽(パイズリ)死」の選択を迫る

case2:街頭抜き打ち安楽死
搾死官がただ街を歩くだけで、羽虫のように劣等国民は誘われ死んでいく

case3:凶悪犯の乳交刑
ただ無価値なものには救済(パイズリ)を 罪あるものには刑罰(パイズリ)を

case4:長官との私的な情事?
長官であれば夢のような爆乳を誇る搾死官も思うままに……?

■4Z132の場合
安楽(パイズリ)死担当官 [喘葉の森]

case5:安楽死の典型例?
人間が管理する以上ミスは起こる 安楽(パイズリ)死執行中に書類ミスが判明した

case6:不法入国者の乳交処刑
興味本位で国に立ち入るものには、乳交の洗礼が待ち受ける

case7:賄賂で劣悪認定を逃れていたが……
気が変わり、やはり安楽(パイズリ)死を望む
乳交への堪えがたい誘惑は死の恐怖をも麻痺させる

■ダブルパイズリの場合
case8:ダブル乳交による安楽死
たとえ優秀な選手であれ、「劣悪」と認定されれば速やかに安楽死は執行される