ブラック耳フェラ


●作品紹介
「耳フェラされてるのが嬉しくて
気持ちよくて…もう何も言い返せないんだ…?くすっ…ダッサ…w」

耳フェラとは、「耳舐め」に
「フェラチオ」の技術を取り入れた、少し特殊な舐め方のことです♪

その耽美な響きに興味津々のあなたは、
ひょんなことから従姉妹の「菜波」と「流花」にその性癖を知られてしまいます。

そして、二人に脅され、半ば強制的に「耳フェラの援助交際」をすることになってしまい、
背徳感や罪悪感の入り混じった…「ブラックな耳フェラ」を受けることになります…♪

馬鹿にされ、劣等感を煽られながら、
ジュルジュル…ジュポジュポ…といやらしくお耳をしゃぶられたり…

軽蔑・罵倒の言葉とともに、
ぐりぐり~…ぐにゅぐにゅ~…と、心もお耳の穴もえぐられたり…

精神的にも、物理的にもゾクゾクしてしまうような
「ブラック耳フェラ」ならではの快感…ぜひご堪能ください♪

なお、「菜波」と「流花」の二人はとても「いじわるな性格」なので、
あなたの望むような耳フェラを、素直にすぐしてくれるとは限りません。

今すぐ舐めてほしいと思っても対価を要求されてしまったり、
ようやく舐めてもらったとしても、とても刺激の小さな舐め方で焦らされてしまったり…。

二人は、そういった「いじわる」をされているあなたの、
もどかしく…切なそうなお顔を見るのが大好きなのです…♪

彼女の小さな口の中に閉じ込められ…自分勝手にお耳を犯されてしまうという屈辱と快感…。
ぜひ本編を聞いて、お楽しみください♪

●こだわりポイント
その1「過去に無いシチュエーションの耳フェラ」
過去作における耳フェラは、「愛情表現としての行為」という位置づけでしたが、
今作の耳フェラに果たして愛情があるのかどうか…そこに明確な答えはありません。

菜波と流花の耳フェラはあくまで
「対価としての行為」であり、愛情の有無は関係ないのです。

なので、二人はあなたを馬鹿に
するような言葉も口にしますし、耳フェラ自体を嫌がったりもします。

「血のつながった従姉妹に、お金を払ってまで耳フェラさせている」
という事実を、殊更に強調してくることもあるでしょう。

軽蔑や罵倒、悪態によって煽られる、背徳感・罪悪感・劣等感…。
それは確かにネガティブで苦痛を伴う要素です。
しかし…それは時として、一種の「快感」を生むこともあります。

「ブラック耳フェラ」とは、こういった「ブラックな要素」を
ふんだんに取り入れた、シチュエーション特化型の新しい「耳フェラ」のことです。

その2「耳フェラシーンの大幅な拡大」
総再生時間で比べると、前作の『耳フェラ。』は「1時間53分01秒」
でしたが、今作は「2時間23分54秒」と大幅に尺が長くなっています。

当然、それだけ「耳フェラ」のシーンも長くなっていますので、
より一層、存分に耳フェラを味わっていただけるかと思います。

その3「最高音質の維持」
今作も「96kHz・24bit」の超高音質で制作をしています。

収録機材も引き続き、ノイマンKU100(&耳フェラ音再現用のとある機材)を
使用しており、現段階で当サークルが扱える最高音質の音声となっております。
是非この「最高音質の耳フェラ音声」を、生々しく感じていただければと思います!

●トラック紹介
Tr1 菜波編(51:54)
Tr2 流花編(55:19)
Tr3 菜波&流花編(36:40)

<本編の総再生時間 2時間23分54秒>

●クレジット
【キャスト】
菜波(ななみ):一之瀬りと 様
流花(るか):秋野かえで 様

【イラスト】
国産もやし 様

【シナリオ・編集】
とりっくぱんく!

●ファイル形式
バイノーラル収録
wav(96kHz・24bit)
mp3(320kbps)