文学女子に食べられる2





文学サークルのフェチ系後輩女子に童貞男子先輩が食べられるストーリー第二話
『優しくひっそりと…その深い愛で…』

大学生になっても恋人もできた事がなかった人見知りの童貞だった僕。
そんな僕が、同じ文学サークルのいつも
一人でいる無口で地味目な後輩女子に密かに恋心を抱いていた。

その後輩女子は、整った容姿をしているが
化粧っ気は無く、いつも置物のように無反応で
本ばかり読んでいて、周りからも少し怖がられ距離を置かれていた。

ある日、突然彼女の方から話しかけられ、飲みに誘われた。
そこである告白をされ…
そのまま誘われるがままに彼女の部屋へと向かった僕は…
彼女に食べられ…
彼女に愛の告白をされたのだった…

そしてその夜の翌日。
いつものサークル室へ向かうとそこには昨夜の事など無かったように彼女は本を読んでいた…

男子を甘責めするのが大好きなフェチ系女子に徹底的に射精させられ、
セックスを通じて愛の告白をされる純愛ストーリー

プレイ内容等
男性受け、純愛、囁き耳責め(ささやき耳攻め)、
耳舐め、手コキ、フェラチオ、喉奥、ディープスロート、前立腺攻め、アナル舐め手コキ、
乳首舐め、乳首責め、道具責め、オナホコキ、授乳手コキ、先輩/後輩、大学生、恋愛、純愛、

逆レイプ、騎乗位、正常位、目隠し拘束、抱き締め圧迫セックス、
アブノーマル、黒髪、スレンダー美乳、地味清楚インテリ、巨乳、着衣SEX、断面図、中出し

*精神的に逆転無しのままの女子から誘い受け正常位セックスがあります。
男性受け物としての厳密さを求める方はご注意ください。

モノクロセピア95pオリジナルコミック

サークル:ひまわりのたね
作:種乃なかみ

全体のM男向け度数 10段階:9
主なMシチュエーション 言葉責め 耳舐め 手コキ オナホコキ フェラ責め
前立腺責め アナル責め 乳首責め 拘束 騎乗位