Girls Beat! -vsラミア-



【概要】
北辰流古武術という合気道を
ベースにした格闘術を使うカズヤは、流派の知名度向上を
図るため、「Beat!」で定期的に行われる「異種」格闘技戦への申込みを行った。

ここで言う「異種」は他の格闘技や、
他流はと戦うのではなく、モンスター等の人外と戦うのだ。

カズヤの相手となったのは、蛇の身体を持つ女性、ラミア。
彼女が繰り出す、強力な絞め技や打撃、
そして毒の攻撃からカズヤは生き残る事が出来るのか・・・

【登場人物】
カズヤ:
北辰流古武術の使い手。Beat!の存在を知り、自身の修行のため登録を決意した。
最近は、自身が所属する流派の知名度向上の為、
Beat!内で人気がある特殊ルールの対戦試合によく出場する。

ラミア:
上半身は人間、下半身は蛇の姿を持つ女性。
普段は人間の姿をして、人間社会に潜伏している。

Beat!からモンスター枠での出場依頼を受け、
今回初めてラミアの姿で、人間の男と対戦する事になった。

全身で相手に巻き付いて絞め上げる事は勿論、
人間の腕を使った絞め技(スリーパーホールド等)を得意とする。
他にも重い体重を乗せたパンチや、体内で生成した特殊な毒で相手を甚振る事を好む。

【用語解説】
Beat!:
格闘家同士を引き合わせるマッチングサイト。
男性格闘家は高額な登録料が掛かるが、女性格闘家は無料で使用する事が出来る。

独自のAI技術を使い、自身と同程度の
実力を持つ格闘家を紹介してくれ、対戦場所の提供まで行ってくれる。

男性側から対戦相手を選ぶ事は出来ないが、
女性側から相手を指名するシステムがある事や、男女格闘戦となった場合、
女性側に対戦条件を決める権限があるため、やや女性優位の設計になっている。

運営主は、「タナトス」と呼ばれる女子プロレス団体。

本編15ページ+表紙1ページ

【制作陣】
・イラスト:トッポギ様
・企画・脚本・原案:The Nation of Head Scissors