●あらすじ
「ど…どうしよ…あ…赤ちゃんできたら…」
や…やっちゃった…。先生の膣内に出してしまった…。
狼狽えるオレに先生は優しく声をかけてくれた。

「んふふっ…責任はちゃんと取ってもらうからね ほら…股開いて」
「えっ…せ…先生…?」

突然妙なことを言う先生。
しかし、狼狽えているオレは先生の目の前に
股を開いてしまった。自分でももう何をやっているのかわからなくなっていた。

「先生もう我慢できなくなっちゃった…」
「せ…先生…?」

そういうと先生はオレの尻の穴に
太くて硬いチンポをぶち込んできた。

先生のデカチンがオレのケツの穴に入ってきた瞬間
オレは痛みで叫んでいた……

●内容
本編6ページ


過去記事