ふた×ドM男Vol.6【オレの口は女子水泳部員の精子便所】




●あらすじ
「まいったなぁ…」
女子水泳部の部室で困り果てていたのは新島紗彩だった。
見ると股間のふたなりチンポがビンビンに勃起していた。

「全然治まんないな…仕方ない、一発抜くか…」
そういって紗彩はケータイを取り出し、何処かへかけた。
そして数分後、海パンの男が部室へ姿を現した。

「オレ君、お疲れさん。いつもの奴頼める?」
「はっ…はい…喜んで」

紗彩は水着の横からチンポを放り出すとそれを屈んだオレ君の口元へと近づけていった。
それはドMな男による、ふたなりチンポの抜きのサービスだった……

●内容
本編6ページ