ふた×ドM男Vol.7【先輩、ボクのお尻処女奪って】




●あらすじ
「あっ、お疲れ様です、新島先輩」
「あら、ボク君、お疲れさん」

新島先輩今日もキレイだなぁ…
こんなキレイなのにあそこがすごくもっこりしてて…
などと、考えていたらボクのチンポはムクムクと勃起してきていた。

「あっ!!」
先輩にバレないように急いで股間を手で覆って隠した。
が、あまりに不自然すぎた。

「んん?ボク君どうかしたの?」
「い…いえ…何でもありません」
「ふぅん…それにしてはここなんか苦しそうじゃない?」

先輩は屈むと覆っている手越しに股間に触れた。
触れられた瞬間、ボクのチンポは限界突破してフル勃起してしまった。

「あっ!!せ、先輩これはその……!!」
「ボク君って意外とおちんちん大きいね…

見て…ボク君の見てたらあたしのもこんななっちゃった」
そこにはビンビンに勃起した先輩の大きなふたなりチンポがあった。

「こんななっちゃったから、ボク君のお尻で責任取ってよね」
「せ…先輩…」

言われるがまま、ボクはお尻の穴を先輩に向けて開いていた……

●内容
本編6ページ