ふた×ドM男Vol.9【先生にケツマン処女膜破られちゃった】




●あらすじ
「はあぁ…せ…先生…オレ…オレ…」
理性の崩壊した俺はズボンを脱ぐと先生の方に股を開いて尻の穴を広げて見せていた。

「あら、やらしい穴ね。どうしてほしいのかしら?」
「せ…先生の…先生のでかいチンポ入れてほしいの…」

「ふふっ…オレ君ってホントやらしい子ね。
チンポビンビンにして女の人にチンポで犯してほしいって懇願するなんて」

先生の指先がオレのチンポを撫でた。
撫でられただけでオレのチンポは
ガチガチに勃起し、先っぽからはガマン汁が溢れてきていた。

「こんなによだれたらしちゃって締まりのないおちんちんね。
いいわ、オレ君の処女ケツマン先生がもらっちゃう」

先生は自身のチンポで
オレのチンポにチュッとキスをするとオレのヒクつく尻穴に迫ってきた……

●内容
本編6ページ