■パパの治療のために、ふたなり家族が立ち上がる!?
※モザイク修正はサンプルのみです。本編では黒線のみの修正となります。

※下記にキャラクター紹介がありますが、
今回は主人公の妻である「秋子」がメインヒロインのお話になります。

<おはなし>
3人目の子供を授かるため、夫婦の営みに励んでいた
「柊 玲央(ひいらぎ れお)」と「柊 秋子(ひいらぎ あきこ)」。

しかし、絶頂の寸前になぜか玲央のアソコが萎えてしまい
どれだけしごいても再び勃起することはなく、その日の営みは失敗に終わってしまった。

翌日、何かの病気ではないかと心配になった2人は病院へ。
そこで玲央は、陰茎が突如たたなくなってしまう病…
「ナエシュピコール症候群」という診断を受けてしまう。

症例数の少ないこの難病に特効薬はなく、途方に暮れる玲央の姿に
なんとか治療法はないかと、妻の秋子が医師に詰め寄った結果
1つだけ治せる可能性のある治療法があることが分かった。

それは…「他人の精子を摂取すること」

その内容に玲央は唖然としてしまったが
秋子は逆に目を爛々と輝かせながら病院を後にした。

そして、帰宅後すぐに2人の娘を呼び家族会議を始める秋子。
議題は「パパの病気を治すために、
みんなの精子をパパに分けてあげよう!」というものだった。

そう…実はこの家族、妻と2人の娘が“ふたなり”だったのだ。

妻はともかく、娘まで参加することに反対の意思を
示していた玲央だったが、意外にも2人の娘は乗り気に。

玲央の意思は置いてけぼりのまま
3人のふたなり家族によるパパの治療が始まるのだった……

<こんな趣向の方にオススメ>
・逆転なしの「ふたなり×男の娘」プレイが好き
・強制女装によるプレイが好き
・着衣プレイが好き
・黒ストが好き

<ボリューム>
表紙+本文39ページ+あとがき+キャラクター紹介


過去記事