ふたなり作文「せんせい、あのね。お兄ちゃんのお尻はとっても気持ちがいいんだよ♪」


せんせい、あのね。
そんな出だしから始まる作文を、あなたも書いた覚えがありませんか。
そんな作文を、ふたなりの女の子が書いていたら、どんな内容になるんだろう?

そして、作文を教えている先生が、素人童貞をこじらせた
欲求不満の非モテふたなり女教師だったら、作文を読んだ先生はどうなっちゃうんだろう?
誰もが一度は抱いたことのあるようなそんな疑問を、今作品では形にしてみました!
どなたにもお勧めできるような、ノスタルジックな作品です♪

【登場人物】
●まるるちゃん
とっても無邪気で元気なふたなりっ子だよ♪

「だいじょうぶだよ、お兄ちゃん。
それはケツアクメが来る印だって、お母さんゆってたよ!」

●おにいちゃん
かっこよくって、すてきなおにいちゃん♪

「あぁあ♪やだ♪やだぁ♪なんか♪お尻♪ヘン♪
お尻ヘンだよぉ♪お尻ヘンになっちゃってるよぉ♪
あっ♪あっ♪あぁん♪やぁ♪くるぅ♪くるくるくるぅ♪なんかくるぅぅぅ♪」

●おかあさん
いつもはやさしいけど、おこるとちょっとこわいんだ。

「お尻の穴でバキュームできる男の子はなかなかいないのよ。
我が子がすてきなケツマ○コの持ち主で、お母さん嬉しいわ♪」

●せんせい
とってもやさしくて、すてきなせんせいだよ♪

「……まるるちゃんのお兄ちゃんって、天性のビッチだよね。
チ○ポ好きそうだし……。だとしたら、少しくらいイタズラしても、
案外許してくれるんじゃ……って、だめだめ。だめよ私。しっかりしないと。」

・トラック
01.まえふり (4:47)
まるるちゃんとせんせいがおはなしするよ!
じょうずな作文って、どうしたら書けるのかなあ?
せんせいといっしょに、かんがえてみよう!

02.まるるちゃんの作文ろうどく (57:33)
まるるちゃんが作文をろうどくするよ!
お兄ちゃんとおフロに入ったことを書いたんだって!
じょうずに書けたかな?

03.せんせいの作文てんさく (1:06:34)
せんせいが自分のおうちで作文をてんさくするよ!
どうして学校でやらないんだろう?ふしぎだね!
「ふたなりっ子の作文はチ○ポにわるいわー」って言ってたけど、なんのことかなあ?

総収録時間 2時間08分
(※チャプター02と03で朗読する文面が重複しています)

・出演
C.V.:天音悠里(倉田まるる)
C.V.:花見川ゆふ(先生)
イラスト:GATOH

※今作品はフィクションです。