今から敵国兵士の売国洗脳を始めまーす




男根崇拝に基づく堅い貞操観念を
国の基軸とするイブ国は、乱れた性と淫乱な女性が
蔓延るマリナラ帝国を打倒するよう、幼い頃から愛国教育を受けてきた。

そんな中、一ヶ月後に控えた対マリナラ帝国戦争に向けて視察を
頼まれた主人公は、潜入先の怪しい売春宿の娼婦に声をかけられついて行ってしまう。

向かった先にいたのは、
イブ国で禁忌とされている大きな胸と豊満な肉体を持った淫売たち。

あまりにも魅力的な肉体に何を
されても抵抗できず、売春宿で初めての精通を迎えてしまう主人公。

その蕩けるような快楽と、
飲み込まれるような肉体に惹かれてゆき、徐々に売春宿に依存してゆく。

売春宿に通い詰める中で、主人公の思想はどんどん歪んでしまう。
敵国の娼婦は快楽と共に自国のプロパガンダを刷り込み、歪んだ価値観を植え付けてゆく。

主人公は、その植え付けられた思想観と、
性経験のない男には刺激が強すぎる快楽が忘れられず、
一ヶ月後に控えた戦争の訓練にも支障をきたしてしまう。

そして、これで最後と何度も泣きながら、どうしても誘惑に抗えず売春宿に向かう…

戦闘用の予算が底をつき、
「もう来ない」と告げに行った頃、マリナラ帝国の娼婦たちが
提案したのは「イブ国の国庫をマリナラ帝国の売春宿に改修する」ことでー…

フルカラー本編35ページ
(+セリフなし差分35ページ)

おまけ漫画「国庫前にて」2ページ
(+セリフなし差分2ページ)

あとがき1ページ
合計38ページ(+差分37ページ)

完全男性受け作品のため逆転描写はありません。