淫乱サキュバス姉妹に家でも外でも交尾されちゃう童貞少年の日々




■作品紹介
…僕は夢を見ている。
若者の見る淫夢は[性的なコミュニケーションの不足]を意味するらしい…

巨乳の美女が…僕のおちんちんを舐めているエッチな夢だ……

コミュニケーションの不足とやらは間違いない…
だって僕はまだ童貞だから…。

「あらぁ…私を知覚したの? 素質があるのかしら」

この夢、現実感が凄い…女性の重さや体温の温かさ、
男性器に触れる手の感触がじつに生々しい…明晰夢ってやつかな…

「普通の人なら、夢の中でのおぼろげな記憶…
としか残らないんだけどぉ、キミは…違うのね
ふふ…久しぶりに楽しめそぉ…♥」

僕は混乱した。なに言ってるのこの人…これが夢じゃないなら、誰!?

お姉さんが扇情的に舌を差し出しながら口を開き、僕の亀頭にそっと触れる…
ちゅっちゅっと唇をすぼめついばむように僕の亀頭にキスをする…。

お姉さんが僕のおちんちんを口内に含んだ。
そのままねっとりと舌を絡めてきて、さっきよりも濃厚に僕の性器をねぶる…。

じゅぽ、ぢゅる、と徐々に水音が強くなる。
本当にゆっくりとした動きなのに
だんだん僕の射精感が強まってくるっ…

お姉さんは、ほんの少しだけ動きを早く…
ほんの少しだけ口の奥に飲み込んだその瞬間…
びくっびくっと腰を突き出しお姉さんの口の中に射精した。

「ぜんぶ飲んじゃったぁ♥でも…まだまだイケるよね…?」

お姉さんの瞳が怪しく光ったような気がした…
そこで僕は初めて、その美女の容貌に異様さを感じた。

頭から…ツノ?みたいなのが生えていて、暗くてよく見えないけど
背中にもコウモリの羽根のようなものがついている…
悪魔のコスプレ?ハロウィンでもなんでもないけど…なぜだろう…。

「そうだ…もっともっと気持ち良くなってぇ
射精が止まらなくなっちゃうヤバイ秘薬があるの…
とってくるから、少しだけイイ子で待ってて?」

それは何と聞こうと思ったら
ふっと今まで僕に覆いかぶさっていた美女が消えた。

「あっ、見つけたぁ…なんでもうチンポ出してんの?
もしかしてオナってた?まぁそれならそれで都合が良いけど…♪」

正面から声がしたので、そちらに向き直る。
さっきの美女が戻ってきたのかと思ったけど
声が違うような…

「ふふ…カワイイカワイイ美少女サキュバスちゃんだよ」

サキュバス…?さっきの人と同じで、頭からツノ…背中には羽根…同じコスプレ…?
少女は靴のまま、僕のペニスを挟み込みぎゅうぎゅうと押さえつけてくる…。

「ってアンタ、ちゃんと覚醒してるのに
あたしと意思疎通ができるのね…ラッキー☆
何回か吸わせて貰えそう♪」

さっきの美女とこの子の関係はいったい…
この子も僕を気持ち良くさせてくれるのかな…?

○基本CG15枚
○差分込み総枚数250枚
○文字なし画像あり

●絵・シナリオ:MAKI