あらすじ
平凡な現代人の男である主人公は目が覚めると見知らぬ森の中にいた。

森の中でほとんど裸に近いような扇情的な
服装の豊満な女性に遭遇するが、彼女は主人公を「神の御遣い」と
言って感激し、よくわからぬままに主人公は彼女が生活するという教会に招かれる。

地母神なる存在を祀るシスターである彼女らは、「教え」を実践するために主人公を待っていたという。
その教えとは、彼女らの世界に存在しない「黒髪の男性」と乳交(まぐわい)の儀を行うこと。

教会の奥からはぞろぞろとシスターたちが現れ、入れ代わり立ち代わり主人公に乳奉仕を行う……
主人公の精魂が尽き果てても、シスターたちは集団で回復魔法を唱えしつこく射精させていく。

藤原恭輔の作画に加え、「超爆乳」「パイズリ」「搾精」「大量射精」に定評のあるゲスト作家陣を招聘。

設定・ストーリーレベルから参加して制作された
描き下ろしのバリエーション豊かなシスターたちによるパイズリ搾精シーンの連続です。

作家陣(敬称略)
・饗庭淵
・いえむぴ
・yamataka
・ろも

メインパイズリシーン基本画像8枚 ストーリー総画像161枚+文字なし画像付属 その他ラフ・設定画など


過去記事