「異種」格闘技 vsラミア


*第一章〜第三章 各章毎にイラストが付いています。*

【概要】
どの種族が一番強いのかを決める『異種』格闘技大会。
参加種族は、ゴブリン族、ハーピー族、スライム族、ラミア族、そして人間。
ありとあらゆる種族が、リングの上で勝敗を競い合う。

人間の初戦の相手は、『異種』格闘技界最強と言われるラミア族。
果たして人類代表の男は、ラミア族最強のメスに勝てるのか?

【登場人物】
エキドナ (ラミア族):
ラミア族最強と謳われるメスの格闘家。全身を相手に巻きつけて、絞め上げる。

彼女が自身の絞め技から逃した獲物は、
過去に一匹もおらず、彼女の全身を使った絞めは、
太い樹木をへし折ったり、鉄を容易に曲げたりする程の破壊力を持っている。

今回人間との試合がマッチングした事で、事前にあらゆる人間の格闘術を学んだ。
その結果、スリーパーホールドやその応用技などの訓練によって、
上半身の筋力、特に腕の筋力がアップし、そのフォルムと圧力は、
相手のオスの戦意を喪失させるのに十分すぎる程である。

主人公:
人類の代表として選出された格闘家。
打撃・寝技スキルは勿論の事、戦略的に物事を瞬時に考え、それを実行する能力がある。
だが対人戦が主であるため、『異種』格闘技における実力は未知数。

【各章の構成】
プロローグ (4:27)
第一章:打撃戦 (13:23)
第二章:絞め技戦 (14:03)
第三章:誘惑ホールド(唾液責め) (15:39)

合計時間:47:32

【制作陣】
*C/V:井上果林様
*Illustrator:減塩様
*Special Thanks!:Mすか様
原案・企画・脚本:The Nation of Head Scissors


ページランキング

ブログパーツ