従姉弟お姉ちゃんと恋人ごっこ→子作り遊び


■従姉弟のお姉ちゃんにまるで”サキュバス”のようにひきこまれる
”とある夏の日。1年ぶりに会った従姉弟のお姉ちゃんは「お姉さん」になっていた。”
急にカラダも雰囲気も成長してしまったお姉ちゃんに困惑しゲームで気を紛らわす。
お姉ちゃんはそんな男の子である”あなた”に少し不満な様子。

お姉ちゃんは耳元でキスの真似をしてリップ音を出し、初心で純粋なあなたを挑発…。
「お姉ちゃんとちゅー、してみる?」

つい去年までは同じ目線だったお姉ちゃんの
大人なカラダと甘い匂いに惹かれてあなたは言われるがままに顔を近づけた。

■蝉の鳴き声と入道雲の元、欲望を「大人」なお姉ちゃんにぶつける
「舌で口の中、かき回して」

そんな風にお姉ちゃんから囁かれながら超濃厚な”初めての”キスを続ける。
そんな中、お姉ちゃんに”口移し”でお茶を飲ませるよう言われる。

キスもままならないのに、口移しも綺麗にできるはずもなく、
口と口の間から液体が溢れ出てお姉ちゃんの上半身を濡らしてしまった。

あなたはお姉ちゃんの濡れた首筋を舐めまわす。
飲みなれたお茶の味と少し塩辛いお姉ちゃんの汗の味と馴染み深くて
新鮮な甘いお姉ちゃんの匂い、そして幼さが残るメス声で興奮はマックスに。