くノ一の精子採取任務


《あらすじ》私はくノ一…この屋敷には優秀な男達がいると聞いてここへ来た…
ある夜、一人の少女が強い侍達が数多くいるという屋敷の前に立っていた…

彼女はくノ一…影の世界で生きてきたせいか、常に冷静で無感情の少女…
この日は優秀な男の精子を採取せよとの任務で来ていた…

「あなたに恨みは無いけど、大人しく搾り取られてちょうだい…」
これは、たったひとりの少女に搾り取られてしまう剣豪達の物語である…

《トラックリスト》
1.精子採取(背後から手コキ)
「んっ……なにもがいてるの?」
「こう見えてあなたより腕力は上…抵抗しても無駄…」
「悔しいかもしれないけど、これが現実…」

あなたはくノ一の少女に背後を取られてしまい、
口を塞がれた状態で少女の小さな手で上下に擦られてしまいます。
果たして耐えることが出来るでしょうか…

2.精子採取(膝コキ)
「侍が聞いて呆れる…」
「あなた達侍って、刀がないと何も出来ないのね…」
「こんなのが気持ちいいなんて、男という生き物は何か欠陥があるとしか思えない…」

くノ一の少女に首を絞めあげられたまま膝で擦られてしまいます。
この苦痛と快感に耐えることが出来るでしょうか…

計:18分20秒