街はずれの洋館に住む女主人~ショタ乳首を開発し、性癖を捻じ曲げる~


▼コンセプト
エッチなことに興味を持ち始めた思春期のころに、こんなことを思ったこと、ありませんか?

「エッチなお姉さんに、あんなことや、こんなことをされてみたい。」
「でもそのことを学校のお友達に知られるのは恥ずかしい。」

本作品では、そんな当時の思い出を叶えてくれるお姉さんに、「イイコト」をしてもらえます。
ただし、「イイコト」をしてもらうために、ひとつ条件が提示されます。

それは、「乳首マゾに堕ちる」コト。

本作のヒロインは、エッチなことに興味を持ち始めた男の子が、
オチンチン以外で……乳首で気持ちよくなっていく所を見るのが大好き。
乳首の性感を開発し、乳首で感じる体に改造していく度、「イイコト」をしてもらえます。

そのためにお姉さんは、乳首開発の”宿題”を出してくれます。
宿題を成果をお姉さんに披露して、「イイコト」、たくさんしてもらいませんか?

サークル”えるしすラバー♪”5作目は、
乳首で感じる男の子が好きなお姉さんの願望を叶えるべく、
乳首開発の宿題をこなしてたくさん「イイコト」をしてもらって下さい。

……でも、一度乳首の快感を覚えてしまうと、乳首の快感なしには満足できない体になりませんか?

お姉さんは、その非可逆的な乳首開発を、思春期を迎えたばかりのあなた自身に行わせて
どんどん敏感に、そして乳首をイジめてもらうことを切望するマゾに堕ちていくのが好きですが、

本当に好きなのは……望んだ「イイコト」をしてもらっても、
乳首の快感がないと満足できない体になったことを自覚する……その瞬間。

「後戻りできない、乳首の快楽を求めてしまう体に、
自分自身でしてしまった事に気づいた瞬間」を、お姉さんに捧げて下さい。

▼背景
自転車で、ひとつ隣の街にある友達の家に向かう途中に大雨に降られ、雨宿り。
雨宿り先として借りたのは、大きなお屋敷の玄関先。

足を止めてあらためて見ると、少し古びた印象も持つが、とても立派なお屋敷だ。
雨宿りするには申し分ない大きさに感心しつつ、石段を椅子替わりにして小休憩。

「どんな人が住んでいるのだろう?」
「怖い人だと嫌だなぁ」

と考えていると、玄関の扉が開く。
そこには、とても大きな身長と……とても大きな胸のお姉さんがいた。

「あら…君、そんなにズブ濡れで、どうしたの?」

■トラックリスト
・トラック0 イントロダクション (01:57)
・トラック1 お話の後に……(乳首弄り、手コキ) (26:38)
・トラック2 宿題をやった君へのご褒美(乳首弄り、フェラ) (32:49)
・トラック3 乳首マゾ認定試験(乳首オナニー、ローション手コキ) (36:43)
・トラック4 セックスがしたくてここまで堕ちたのに(乳首焦らし、騎乗位、乳首オナニー) (37:37)
・トラックEX1 宿題2 正しい乳首オナニー (トラック2の後)  (13:09)
・トラックEX2 宿題3 人前で聞く乳首焦らし音声 (トラック3の後) (15:47)

・収録時間計: 2:44:40

▼準備物(あれば良いもの)
・絆創膏(トラック1後の宿題、トラック2を聞く前に使用します。)
・ローション

■クレジット
ボイス 柚木つばめ様
イラスト さぼてん定食様
シナリオ・音声編集 えるりな@えるしすラバー♪

効果音 
・効果声素材集 by tigerlily
・ディーブルスト様 色んな効果音集100