奈落の女 1 拓也・大貴・リュドミラ




■極上の美女に見つめられ、囁かれ、甘い快楽に引きずり込まれる物語
女優顔負けの美貌、背が高く肉感的なカラダ、甘い声に柔和な語り口。
ふとした瞬間に目に入った美女を見て、良い仲になり、キスをして、セックスまで。
そんな淡い想像をしたことは無いでしょうか。

極上の美女に甘やかされたい。
最高の肉体を抱いて我を忘れるほど乱れたい。
甘く囁かれながら快楽で責められたい。
背徳的な快楽に浸りたい。

彼女は微笑みながら、あなたの望みを全て叶えてくれます。
街を歩けば誰もが振り向く美女が、あなただけを見つめ、
あなたの望む言葉を囁き、あなたを快楽に陶酔させてくれます。

それは全て、あなたを消費するため。

彼女はあなたにとって女神かもしれませんが、あなたは彼女に
とって快楽を得るためのカートリッジのような、使い捨てのものなのです。

しかしあなたは、使い捨てられる間も、断末魔の間際でさえ極楽の心地です。
なぜなら、彼女は徹頭徹尾、あなたを極上の快楽に溺れさせてくれるのですから。

これは、美女に誘われ、めくるめく快楽に溺れ、
最後に人生を対価として差し出してしまう、そんなマゾヒスティックな物語です。