ネクロマンサーとの奇妙な牢獄性活~いじめられ、魂を奪われ、傀儡にされる~



□あらすじ
目が覚めると、牢屋のベッドで眠っていたあなた。
周囲を見渡していると、不意に足音が聞こえてきたので、
心臓をバクバクさせながらも薄目で牢屋の扉を見やります。

すると、そこに現れたのはネクロマンサーを名乗る少女でした。
彼女曰く、ここは何らかの未練を抱えながら死んだ罪人が捕われる牢獄のようです。

その後、条件次第で”未練”を
叶えてもらえることになりましたが、あなたの”未練”は誰にも
言えないレベルのマゾ性癖だったことを暴露した結果、彼女に嘲笑され、いじめられます。

□3つのこだわり
(1)マゾ向け作品あるある…罵倒の問題点を解決!
個人の経歴・身体的特徴を馬鹿にするような、
罵倒というよりも差別や人格否定に近い表現は全て排除しています。

「包茎」とか「童貞」みたいな現実を想起させるような
単語を使われると、一気に萎えるという方も多いと思います。
そもそも、そういった分類に当てはまらない人は置いてけぼりになります。

この作品では、
そういった明確な差別はしないギリギリの範囲で尊厳を踏みにじってくれます。
例えば「マゾチンポ」「ゴミ」呼ばわりされたり。

こういったギリギリラインを守りつつも、
一切妥協していないため、マゾ向けリスナー諸兄に納得して頂ける構成になっています。

(2)ハードな描写をよりリアルに
マゾ向けリスナー諸兄に満足してもらえるよう、音声という媒体で
「いかに興奮できる描写にできるか?」ということを常に意識して制作しました。

何度も何度も修正を繰り返し、
無駄な部分を削ぎ落としたおかげで、繊細かつ過激な描写になりました。

その結果、あたかも牢獄の中でネクロマンサーから性的な
いじめを受けているかのような感覚を味わえる脚本に仕上がっています。

また、「”過激にいじめられる感”を最大限まで表現するための手段」
として、スタジオでの収録に加え、再現性の高い効果音が制作されています。

例) ソックスで顔を埋められる音/顔を太ももで挟まれる音など。
そのため、全体的に臨場感のある仕上がりになっています。

(3)1本の線に繋がっていくカタルシス
起きたら牢屋にいる…という一見ありきたりに思える設定ですが、
牢獄を舞台にしたこと、ネクロマンサーの存在、未練という罪、あなた自身が抱える欲望への執着
(マゾ性癖という未練に流されたまま終わるか否か)、全てが最後の最後に1本の線に結びついていく…
そのカタルシスが本作品のもう1つの魅力です。

未練に流されたままだと、ノーマルエンドとなり、傀儡化します。
未練に流されず、ネクロマンサーとの対話に成功すれば、トゥルーエンドです。
また、最後まで聞き終えてからもう1周すると、違った視点で楽しめるような作品になっています。

※シナリオを求めていない方でも、問題なく楽しめます!
(過激にいじめられながら、自然な感じで物語も進行します)。
また、シナリオ部分を飛ばせるように、各プレイの時間帯を「りーどみー」にて記載しています。

□各トラックの内容(全編KU100にて収録)
1.起きたら牢屋の中だった件(8:16)
ネクロマンサーとの邂逅。

2.地獄の操り人形(1日目) (32:43)
1.肯定からの罵倒責め
2.見下ろされながら、完全な人格否定はしないギリギリの範囲で尊厳を踏みにじってくるオナサポ
3.思いっきり金玉を蹴る…!ふり(寸止め)
4.容赦ない連続射精カウントダウン
→フィニッシュ

3.快楽に溺れる足奴隷(2日目) (26:05)
1.靴下を履いた両足で、顔を埋められる
2.裸足で顔を埋められる
3.背後からの足コキ(根本を踏む、足裏で挟む)
4.右足で玉を引っ張られながら、左の足指でカリ首をぐりぐり
5.押し倒された状態で、背面足コキx乳首責め
→フィニッシュ

4.傀儡化(3日目:ノーマルエンド) (21:22)
1.安心感を与えながら対面座位
2.耳を塞がれながら魂を完全に奪われる(耳舐め・耳キス)
→フィニッシュ
3.死のカウントダウンでいじめられ、傀儡にされる

5.解脱:罵倒赤ちゃんプレイ(3日目) (30:46)
1.しゅこしゅこ密着耳舐め手コキ(赤ちゃん言葉x罵倒)
2.ぐりゅぐりゅ逆手スクリュー手コキ(赤ちゃん言葉x罵倒)
→フィニッシュ
3.密着騎乗位(赤ちゃん言葉x罵倒)
→フィニッシュ

6.贖罪(3日目:トゥルーエンド) (14:19)
ネクロマンサーの正体が明らかになります。
散々いじめていたマゾによって、ネクロマンサーが救われることに。

7.アナザーストーリー(22:37)
1.黒魔法によって、あなたは女体化し、ネクロマンサーは男体化
2.禁忌を犯した代償として過激にフェラさせられる
3.セックスをおねだりさせられる
4.失禁x絶頂(乳首責め/クリ責め/セックス/アナル)

「おまけボイス」(4:04)
CV:山田じぇみ子様によるフリートーク

※合計再生時間:2時間40分(SE差分による重複なし)

□クレジット
CV:山田じぇみ子様
イラスト:藩滑るめる様
収録環境:ねこの手スタジオ様
編集: じゃっく様
企画・脚本:ぶぼぶぼ本舗