俺に目隠しをした彼女が淫らに囁いた夜 2

RJ181773_img_main
僕らを魅了した囁き声が3年ぶりに帰ってきた! 大人気御礼続編です!

前作で互いの性癖を打ち明け合ったカップルが
その後どんなエッチライフを送っているのか、体験してみましょう。

【登場人物】
ヒロイン:江藤ミヤコ
主人公の彼女。主人公とは一年くらいの付き合い。
前作で本来はSであることを告白し、その後は彼氏を責めるエッチを楽しんでいる。

主人公 :ミヤコとは大学のサークルで知り合い、付き合うに至る。
本来はMであることが彼女にばれてしまい、彼女に責められるエッチを楽しんでいる。

【あらすじ】
●チャプター1『イかせっこで勝負』(26分30秒)
負けた方は勝った方の言うことを聞くというルールのオセロ対決。
ここのところ連戦連勝が続くミヤコですが、なんだかおもしろくありません。
「ねえ、もしかして……私にいじめられたくてわざと負けてない?」

とぼける主人公に、それならば
「じゃあ、私に勝てたら、あなたのこといじめてあげる」と提案します。
本気で勝負する主人公ですが、結果はミヤコの勝利。
しかも、さっきよりもミヤコの色が多い。

絶対に勝たなければという焦りが、
実力を出し切れなくさせてしまったのか、それとも本当に弱くなってしまったのか……。

しょんぼりと沈む主人公を見ていると、
だんだんかわいそうに思えてきて……、ミヤコはイかせっこによる勝負を提案します。

●チャプター2『主導権はどっち?』(29分02秒)
飲み会で酔って帰ってきた彼氏が突然言い出します。
「今日のセックスは俺が主導権を握る!」

どうやら、いつもミヤコに責められてばかりいて、
男として俺はこのままでいいのかと心の底で思っていたらしいのです。

彼氏の主張に応じたふりをしたミヤコ。
内緒で言いたいことがあるから耳を貸すようにと彼氏にお願いします。
すると突然「ふうーーーっ」ミヤコの息が彼氏の耳に。
ゾクゾクっと脱力する彼氏と、ニヤニヤ笑いながら彼氏の顔を見つめるミヤコ。
果たして、ミヤコから主導権を奪うことができるのでしょうか。

【ご注意ください】
この作品はバイノーラルマイクで録音されています。
イヤホンまたはヘッドホンでの視聴をお勧めいたします。
前作にあったオナ禁、寸止めオナニーパートは今作ではありません。
ミヤコといちゃラブエッチするパートの続編となります。

出  演:野上菜月
イラスト:宮居千


ページランキング

ブログパーツ