おとな君のからっぽになるまで。Episode7/おとな君と無機質な使用人


■あらすじ
砂尾(すなお)おとな君は素直でおとなしい男の子。
美術教師にイタズラされて、高級な絵画を汚してしまったおとな君。

汚したことを謝罪しにある金持ちの屋敷に来やってくると、冷たい表情のメイドが現れる。
家主がとても大切にしていた絵だと言われ、1000万円の弁済を要求される。

当然そんなお金を持っていないおとな君に、弁済免除のチャンスが与えられる。
それは勝てるわけのない射精我慢ゲームだった。

メイドの責めに1時間我慢できたら1000万円免除、
できなかったら1回出すごとに借金が1000万円増えるという。
おとな君はまたしても、からっぽになるまで精液を搾られることになった。

Part 0……導入。
金持ちの屋敷ややってきたおとな君。
メイドから弁済額とそれを免除するためのゲームについて説明を受ける。

Part 1……ローションをたっぷりと絡めた手で責められる。
初めて男性器に触れるメイドだったが、
しっかり予習を済ませており、的確におとな君を責めてくる。

Part 2……あえなく射精して弁済免除のチャンスを失うおとな君。
次に感度の上がる薬を飲まされ、着衣パイズリを受けることに。

薬の効果であっという間に追い込まれてしまう。
さらには搾精マシンまで使われ、制限時間いっぱい搾られつづけてしまう。

Part 3……朝から薬漬けにされ、動画を撮影しながら太腿コキされる。
動画でおとな君をいたぶりたいお姉さんを募集されてしまう。

Part 4……応募してきたお姉さんに、ネット越しに責められる。
男性器型のコントローラーに刺激を与えると、同じ刺激がおとな君に届く機械を使用。

プレイは公開され、おとな君の弱点や開発された性感帯はお姉さん同士に共有されてしまう。
膨れ上がった借金はいったいいつ完済できるのか?

※合計約61分

声の出演:常盤はなこ様