搾精学級(2)~性格最悪の女子しかいない学校で性的イジメ生活~




■堕落JKの闇に引きずり込まれる僕と糞真面目JK
転校生の僕(ウチダ)はとある田舎の学校に転校してきた。
しかし、そこは性格最悪の女子しかいないと評判の学校だったのだ!

今回登場する生徒は堕落JKカゲヤマさん!

女子たちのオモチャとして、僕は他クラスへ
連れていかれた先には教室の隅で体育座りをしているカゲヤマさんがいた!

カゲヤマさんは顔に包帯を巻いており、髪はクシャクシャ、
生気の無い虚ろな目をしており、まるで幽霊のような不気味な女の子だった・・
そんなカゲヤマさんを叱りつける糞真面目JKサンゼンインさん!

サンゼンインさんはクラスの学級委員長でバレー部のキャプテン!
とても背が高くて、スタイルもいい!しかし性格は糞真面目で勉学、部活、清掃につねに全力!
バレー部を全国優勝に導くために、毎日気合を入れて練習している!!

掃除をしないカゲヤマさんをサンゼンインさんが叱ると、
カゲヤマさんは急に立ち上がり、なんと僕のズボンとパンツを突然おろした!

そして、サンゼンインさんに向けて、フルチンの僕を手で思い切り押し付けてきたのだ!
サンゼンインさんのオッパイが顔に当たり、アソコはムチムチの太ももに挟まれた僕は勃起不可避!

そんな何を考えているのか分からないカゲヤマさん。
実は親の教育が厳しすぎて、自分の本当の心を見失った少女だった。

そして、そんな親へ抵抗し、
本当の自分を取り戻すために不良行為をしようとするカゲヤマさん!
そして、僕と肉体関係を持ったことを境に、暴走を開始!

サンゼンインさんを自分と同じ境遇を
もった哀れな少女と決めつけ、堕落の沼へ僕もろとも引きずり込もうとする!

僕とサンゼンインさんはどうなってしまうのか!!

基本絵 21枚
ページ数 329ページ