【サキュバス×強制メスイキ】サキュバスの人類選別計画。~劣等男子は強制メスイキ


■サキュバス(淫魔)が『あなた』の眼の前に突然現れます。
いきなりの事で、驚き呆然としている
『あなた』に対し、セクシーな衣装を身に纏った淫魔は、
耳に吐息を吹きかけつつ『これから精子の選別をする』と一方的に言い放ちます。

■サキュバス曰く『淫魔界のダメ男子リストに載っている』
という『あなた』を嘲笑いながら、ペニスの匂いや形状をチェックし、
童貞でしかもマゾ性癖を持っていることなどを目ざとく指摘します。

サキュバスは『あなた』のペニスに媚薬入りの唾液を吐きかけました。

■サキュバスは唾液まみれになった『あなた』の
ペニスを手でしごきつつ、『もし我慢できずに射精したり、その精液の味が
マズかったら淫魔の玩具になってもらう』と、またしても一方的に言い放ちます。

『下等な精子』と罵られると『あなた』は意に反し、
ペニスを更に硬直させ、先走り汁を溢れさせてしまいます。

■『あなた』は淫魔の巧みな指技によりあえなく射精してしまいました。
そしてサキュバスは、すかさず淫魔特有の細く長い舌をつかったフェラチオをしてきます。

罵倒まじりの口淫で、『あなた』は2度目の絶頂を迎えてしまいます。
その瞬間『あなた』は『淫魔の玩具』になることが決定してしまいました。

■『淫魔の玩具』となった『あなた』にサキュバスは優しく接吻します。
キスの指導をされながら『あなた』はサキュバスの舌に身を任せるしかありませんでした。

サキュバスの足裏が『あなた』のペニスにあてがわれます。
淫魔によるカウントダウン式の巧みな足こきにより、ついに3度目の射精へと導かれました。

■絶頂してしまった『あなた』に対し、
サキュバスは、精液まみれになった足を舐めるよう命令します。

サキュバスの瞳に射抜かれた『あなた』は
従順に、舌をつかって足舐め奉仕をしてしまいます。

サキュバスは、足を舐め終わった『あなた』の体をベッドに押し倒し、
おもむろに顔面騎乗の体勢で顔に跨り、クンニによる奉仕まで要求してきます。

■女性器による窒息責めやクンニ奉仕により、またしても
勃起してしまった『あなた』は、淫魔の騎乗位で犯されてしまいます。

サキュバスは自分本位の激しい腰遣いによって
『あなた』の精液をまたしても搾りとってしまいました。
『あなた』は膣内射精で果ててしまいます。

■サキュバスは、最後の仕上げとして『尻尾をアナルに挿入する』と宣言してきます。
「僕は…どんな命令でも悦んで受け入れる…玩具です…アナルを犯して欲しい…変態です…

なぶって…なじって……激しい絶頂を…迎えさせて下さい…」
なる台詞を復唱させられると『あなた』は意に反しペニスを硬直させてしまいます。

■淫魔の尻尾へのフェラチオ奉仕の後
『あなた』の肛門の入口に、黒くて太い先端があてがわれます。

サキュバスは『あなた』の
処女アナルの奥まで尻尾を挿入し、後背位でピストンを始めました。

『淫魔の玩具』に成り下がった『あなた』は
メスのような卑猥なアエギ声を洩らしつつ、前立腺を刺激され射精。
その後、執拗なアナル責めによりドライエクスタシーで果ててしまいました。

再生時間54分

効果音「ディーブルスト」さんの「色んな効果音集100」
プロデュース :丸岡凛
シナリオ :有広ひろや様
声優: MOMOKA 。様