心療内科の女医さんたちはぼくの全部を受け止めてくれる




真面目で潔癖な母にオナニーしているところを
見つかってしまったぼくは、心の病気だと決めつけられ、心療内科に通うことになる。

えっちなことを考えないように治療する…

はずだったが、担当の女医さんたちは、みんなとってもえっちだった!
おおきなおっぱいに、甘い匂いに、ぼくのなかのえっちな気持ちは増していってしまう。

そんな中、先生たちの本格的な治療がはじまった。
心のストレスを解消することで、えっちなことを考えないようになるらしい。

だけど、先生たちの治療はとってもえっちな治療だった…!
えっちなことを考えないために、えっちなことをするなんて、ぼくには難しいよ。

でも先生が言うんだから、間違いないんだよね…?それなら……

心療内科の女医さんたちが、
えっちな治療によって、溜まったものを全部うけとめてくれる物語です。

【心療内科医・綾瀬 葉月 30歳】
葉月心療内科の院長先生。
巨乳で、身体から甘い香りがしている。

しっかりもののようで、すこし天然なところもある先生。とっても優しい。
おっぱいは乳輪が大きく、むにゅむにゅの柔乳。

【心療内科医・黒木 静香 25歳】
口ベタで、おっとりとしている先生。唾液が甘い蜜のような味がする。
巨乳。とても優しい。
おっぱいはむちむちで弾力のある、ぷにぷに乳。

【受付兼助手・西宮 琴音 19歳】
明るくて元気だけど、少しおバカなおねえさん。
肌がしっとりとして、きめが細かく吸い付くよう。

巨乳。とても優しい。
おっぱいは、ぷりぷりでしっとりとしている、重量感のある乳。

〇本文グレースケール 28P
〇おまけカラーCG差分込み 7P
〇著者 なな骨
〇サークル ナポりたん