スパイマネジメント




■あらすじ
あるスポーツ強豪校に一人の転校生がやってくる。
美人な転校生、黑ノ芽 雅(くろのめ みやび)が、女っ気のなかった
バスケ部にマネージャーとして入部すると決まると、部員一同は、手放しで喜んだ。

しかし、しばらく経ってから
同じくバスケ部員の語部 学(かたりべ まなぶ)は、部内の異変に気が付く。 
練習の鬼だった部のエースがよく休みようになったのだ。

マネージャーに浮かれて、
そんなこと気にも留めない他の部員をよそに、学は彼をつけることにした。
そうして、学は見てしまう。

エースのあられもない姿を……。
口では言えないような行為をする黑ノ芽 雅の姿を……。

マッサージと称して行われるプレイの数々に嬉々として喜ぶエースの姿に
忌避すると同時に、それらの行為を行う雅の姿に学は僅かに興奮してしまう。
そうこうしていると、彼女に見入っている学に近づく女子生徒が一人。

そう、これは罠。

彼女、いや彼女達の……強豪堕落計画の始まりである。

■登場人物
語部 学(かたりべ まなぶ)
本作の主人公。強豪スポーツ学校バスケ部の部員。
補欠ではあるが、部のサポートに関して一目置かれている。

黑ノ芽 雅(くろのめ みやび)
本校に転校してきた女学生。バスケ部にマネージャーとして入部すると瞬く間に人気者に。

日都條 絆星(ひとすじ きらら)
同じ学校の1年生徒。野球部マネージャー。学とは会話をする程度の知り合い。

相沢 君(あいざわ)
バスケ部のエース。練習の鬼。

■収録内容
・本文32ページ+α(台詞あり32ページ、台詞なし32ページ)
・画像サイズ863×1200
・合計68