Super Monsters’n Girls




■開発者のこだわりポイント / Hシステム
【こだわりポイント】
犯されるHシーンのアニメーションは
勿論ですが、そこに至るまでの過程を重要視して製作しています。

敵キャラクターである全ての魔物娘は
基本的に「前戯」と「本番」、2つのアニメーションを持ちます。

【Hシステム】
魔物娘から攻撃(単純な接触/ 特定条件下での接触)を
受ける事で「興奮度」が上昇し続ける非合意の「前戯」が開始します。

「前戯」中は方向キー「←」「→」を連打する事で脱出する事が出来ます。

「興奮度」が最大値になる事で
プレイヤーキャラクターは全てを諦め、身も心も委ねる事になります。
身も心も委ねると「本番」が開始し、その時点でゲームオーバーとなります。

前戯は 押し倒し / キッス / 巻きつき / フェラチオ / 手コキ / 授乳 等が存在します。

■ストーリー
魔族と天使族、二つの勢力が覇権を巡り争いの絶えない世界

そんな世界において圧倒的に力の無い人間は常に支配される側であった
とりわけ魔族による支配はあまりにも非人道的で、
人間の男性は愛玩動物 兼 性奴隷としての未来しか約束されていなかった。

そうした経緯から、
人間は人道的な扱いをしてくれる天使に忠誠を誓い庇護を受けて暮らしてきた。

二つの勢力は均衡を保ち、水面下で平和が続いていたその時、
天使の聖なる力の源であるオーブが魔族の大幹部バフォメットに奪われ、
天使族の軍は弱体化し、力のバランスが崩れ天使の軍は魔族の軍の侵攻を許してしまう。

混乱の真っ只中、天使長「N」は一人の人間を
隠密に敵軍の本拠地へ潜入させ、力の源を奪還する計画を立てる

フランシス・S・マリオン
過去に世界を救った聖騎士「S」の孫である。

敗北して性奴隷としての惨めな未来を迎えるか、力の源を奪還し勝利を掴み取るか。

世界の命運は彼に託された。