逃避行(逃げた娘は堕とす快楽を知る)





逃げた先で初体験、幸せな時間のはずだった……

■あらすじ
直面する問題から目をそらした二人のお話。
一人は、継母から。もう一人は、幼馴染から……。

男性だけでなく女性すら虜にする継母に恐怖し、自分の味方は、
もういないと絶望した静香(しずか)は、学校に行くふりをして家を飛び出した。

幼馴染に幼馴染を盗られたショックで絶賛サボり中の
野球部のエーズ、真(まこと)は、バス停でマネージャーの静香と出会う。

学校に行く気のない二人は、そのままサボって遠出する。
しかしながら、サボった学生というのは、得てしてトラブルが付き纏う……。

紆余曲折ありまして、公園の休憩スペースで雨宿り、密室に二人きり。
周りに誰もいない状況が静香の口を軽くする。

「寂しい」
継母が怖いと言いつつも、結局のところ彼女は、ただただ寂しかった。
自身を見てくれる人が欲しかった。

飢えた心は体を求め、真に迫る。
濡れた体に透ける肌。
血気盛んなお年頃の彼には、彼女を振り切ることはできなかった。

体を重ねるごとに満たされていく心。幸せを感じるはずだった。
しかし、人の欲は留まるところを知らない。
嫉妬の心は、彼女に植え付けられた人格を呼び覚ます。

記憶にない継母との口には出せない映像が
頭に浮かぶ、血の気が引いていくとともに、嗜虐心が隆起する。
椅子に縛られた真は、彼女を見上げてぽつりとつぶやく。

「静香だよな……」

■収録内容
・本文68ページ+α(台詞あり68ページ、台詞なし68ページ)
・画像サイズ863×1200
・合計140~

※あらすじ等を加えているため
前作シリーズを未読でも問題なく読むことがでます。