「うるさいですね」小さくてクールなお姉ちゃんママが事務的に抜いてくれる件


ボク「あっ! ああっ~! 出ちゃう! 出ちゃうよ~~~!」
店員さん「はい。今日の搾精は終わりです。お疲れ様でした」
ボク「うう……。ありがとうございました……」

数カ月前、念願叶って、街でも評判の
かわいい女子店員が多いカフェで働くことになったが、

『女性ばかりのカフェで若い男を働かせるのは危険では』
との懸念の声が上がり、憧れのカフェ店員さんに定期的に抜いてもらうことに。

けれども、カフェ店員さん(憧れのお姉ちゃんママ)は
ボクのことが嫌いのようで、いつも不愛想な対応をしてばかり。

ボクは今日も乱暴にしごかれて、おちんちんイタイタなのだった。