わたしがお世話シてあげる♪~あまあま射精管理生活~


■ストーリー&コンセプト
ドSでちょっぴりヤンデレな妹の言うがままに射精管理をさせられちゃう音声です。
言葉責めによる快感をお楽しみください!

■トラック内容
プロローグ(3:04)貞操帯を外したい?
「普通の男の子なら毎日していることを
自分だけ禁止されるのって、どんな気分なんですか?」

トラック1(12:16)開錠タイム&じっくりおち〇ぽ観察
「まだ何もしてないのに、
もう兄さんのおちんぽ貞操帯の中でギチギチになってるじゃないですか♪」

「ほら、貞操帯の上から触っただけでも興奮しているのが丸わかりです。
ふふっ…そっと撫でてるだけなのに随分と苦しそうな顔ですね、兄さん♪」

「でも必死で痛みに耐えている姿を見ると、
もっといじめてあげたくなっちゃいます。すりすり…どうですか?」

トラック2(8:27)はじめてのパイズリ
「もう視線が釘付けになってますよ?
服の隙間から、おっぱいの谷間が見えちゃってますもんね。
わたし、よく童顔って言われますけど、これでも胸には結構自信あるんです。」

トラック3(21:53)精液のお味は?
「おっぱいからはみ出した寂しそうな先っぽ、わたしのお口で慰めてあげますね。」

トラック4(19:45)バキュームフェラでご奉仕
「可哀想なおち〇ぽ、今のうちに一滴残らずびゅくびゅく射精してください。」

トラック5(8:30)やさしく膝枕してあげます♪
「…いいですよ、しばらくこのままで。」

トラック6(3:29)妹からは逃げられない…
「ふふっ覚悟しておいたほうがいいですよ?
わたしは手加減するつもりなんでありませんけどね♪」

総再生時間:約79分30秒