Wonder may Wander ~吸血鬼お姉さんの甘美な食卓~


~あらすじ~
──不思議はいつもそばにいる。
ハロウィンパーティーで賑わう街中,仮装に身を包み我を忘れ熱に
浮かされた人ごみの中一体のヴァンパイアが今日の獲物を品定めしていた。

ヴァンパイア。人の生き血を啜り生きる魔物として古くから言い伝えられている。
そして今に至るまでさまざまな伝承や話が伝えられている。

ある時には,血を啜られた者はしもべのゾンビになると云われ。
ある時には,血を啜られた者は同じくヴァンパイアになると云われ。
ある時には,日光にひとたび曝されれば灰になるとされ。
ある時には,日焼け止めを塗ればそれを防げるとされ。

かくのごとく,さまざまな想像の余地を
残しつつも確実に今も我々の心象に根付く魔物。それがヴァンパイア。

しかしその一方,共通点も多く見受けられる。
その一つが美男美女であるということだ。彼女も例外ではない。

彼女に目をつけられたら最後。男はみなその美貌にひれ伏し
己の色欲を露わにし,丸裸に,骨抜きにされ身も心も全て捧げる供物と化す。

彼女にとって男どもを
手玉にとるこの一連の捕食行為は暗闇の中儚く灯る一本のろうそくに似ている。

活動の生命線でありながら,いたずらに息を吹きかけその揺らめきを
楽しみつくしたのち喰らい闇に帰す余興にもなり得る。故に彼女は男を掌握し喰らう。

しかしそんな遊戯に興じながら彼女はどこか憂いていた。上機嫌とは裏腹に。
それは永遠にも似た長すぎる寿命のためか───。
それともただ闇で彩られた空間に感化されたのか───。

はたまた眼前の獲物が抜くほどの骨すら有していないためか───。
──不思議はいつも付きまとう。

けれどもわかったところでお腹が満たされるわけではなし,そもそも彼女は闇に生きる存在。
不明こそが自分自身なのだから無理に明らかにする道理もない。

そんなことより血だ。若くて生き生きとした鮮血が飲めればいい。
それだけで舌は乱舞し,喉は潤い,胃は満たされ,充足至福,夢のような時が約束される。

少々の憂いなど馳走の前では箸にも棒にかかりようがない。
故に今宵も彼女は漂流する。

街を─。
時を─。
闇を─。

血を求めて─。
夢を求めて─。

──不思議はいつも彷徨っている。

~各パートあらすじ~
第I章:前菜~Bon repas doit commencer par la faim.~(約20分)
ヴァンパイア×ショタ 主なプレイ内容:フェラ

第II章:魚料理~祭りを後に,後の祭り~(約36分)
ヴァンパイア×冴えない青年 主なプレイ内容:授乳手コキ

第III章:肉料理~倒錯的男女関係~(約26分)
ヴァンパイア×ヴァンパイアハンター 主なプレイ内容:足踏み罵倒?

※一部少々暴力的グロテスクな描写がありますので心臓の弱い方や
グロテスクなシーンへの耐性のない方はご留意してくいただきますようお願いします。

一応演出を抑えた差分をご用意しましたので
上記のことを念頭に置いていただいた上そちらをお聞きくださるようお願いします。

※数秒程度過度な音声加工がなされている箇所があります。
過度なストレスがかからぬよう音量調整しているつもりですが,
万一のため過剰な音量での再生はご控え致しますようお願いいたします。

第IV章:デザート~L’amour vit d’inaniation et meurt de nourriture.~(約15分)
主なプレイ内容:なし

スペシャリテ(約26分)
スペシャリテと題しましておまけを一品付属しておきました。

※本作品はバイノーラル作品です。
イヤホンできたらヘッドホンにてお聴きくださるようお願いします。

声優:琴音有波様
イラスト:貞影様
シナリオ:ぶたぶたべたべ