ヤンデレ彼女がいっぱいすぎる! 生徒会長、幼なじみ、義妹、義母



「沙也加、先輩っ……!」
憧れの先輩と結ばれ、恭也のものに熱い欲望が迫り上がってきていた。
もう、限界だ。

「いいよ、恭也くん。中に出して……今日は、
大丈夫な日だから。もしできてもそれでいいから。

予定とは違っちゃうけど、
わたしは恭也くんにすべてを捧げる覚悟はできてるもの。

なんの覚悟って?
もちろん、わたしの身も心も――もちろん人生も、恭也くんに捧げる覚悟だよ?
だから、恭也くんとエッチしてるの。恭也くんのこと大好きだから、

一生を添い遂げたいと思うから、こうしてセックスしてるんだよ?
恭也くんも、そうだよね? だからわたしとセックスしてるんだよね? そうだよね?
だったら、中にちょうだい。中に出して。

わたしの想いに応えて欲しい! お願い――わたしの中に、中に出してっ!!」


ページランキング