優しいギャルに筆下ろしされたい ~聖清女学院ボランティア部~

RJ172992_img_main
伝統と格式を誇るミッションスクール、聖清女学院。
「友愛」をモットーとする学院には、ボランティアで
成人童貞男性に筆下ろしを行う部活動が存在していた。

冴えない童貞男性である主人公(あなた)は、
ボランティア部の童貞男性募集に応募して当選。
期待を前に膨らませたあなたの前に現れたのは、優しく可愛いギャルJKだった――。

「お兄さんが筆下ろしボランティアに応募してくれた人?
初めましてー。あたしは中嶋ミカでーす。どうぞよろしくー」

「今日はあたしが、ちゃんと最後までリードしてあげるから安心していいよ。
あたしのこと、彼女だと思って甘えていいからね。」

○track1 プロローグ ご挨拶(06:54)
ラブホテルの一室でドキドキしながら待っているあなたの元に、ミカがやってくる――。

○track2 二人でシャワー~手コキ(11:47)
セックスの前にまずはシャワーを浴びるあなた。
と、そこに乱入してきたミカに背後から密着され、手コキされてしまう――。

「どうお兄さん、生まれて初めての手コキ、気持ちいいっしょ?
こーんな可愛いギャルJKに、根元から雁首までいやらしーくねっとりしごかれて、たまんないよね?」

○track3 スキンシップ~キス&フェラ&パイズリ(20:47)
シャワーを浴び終え、ベッドに戻ってきたあなた。
ミカにリードされながら、少しずつセックスを教えられていく――。

「おやおや、お兄さん、ずいぶん幸せそうな顔してますねえ。
おっぱいで扱かれるの、そんな嬉しいんだ? まあそうだよねー。
巨乳ギャルJKのパイズリだもんねー。心も体も満たされる、みたいな感じっしょ?」

○track4 筆下ろし~正常位(14:17)
遂に迎えた初体験。ゴムありで入れただけで
射精してしまう主人公だが、すぐに生で続きをさせてもらえることに――。

「あはっ、お兄さん、大人の階段上ったばっかりなのに、ガキみたい。
そんなにギャルJKに甘えたかったんだ? よしよし、いい子いい子。
今まで一人で寂しかったんっしょ? 今はあたしが、お兄さんの彼女だからね」

○track5 筆下ろし続き~ラブラブ騎乗位(06:24)
体位を騎乗位に変えての初体験続き。
茜の提案で恋人さながらのラブラブなプレイが行われる――。

「あたしはお兄さんのものだよ。この体も心も、全部お兄さんだけのもの。
あたしはお兄さん専用の、ギャルJK彼女。中出しだってし放題。
お兄さんが望むなら、お兄さんの赤ちゃん、何人だって産んだげる……」

○track6 エピローグ(01:28)
初体験から数日後、あなたは突然ミカに駅前に呼び出され……。

※効果音なしバージョンも収録しています。

総収録時間 約62分

CV:秋野かえで
イラスト:荒草まほん
台本:秋月耕太