★あらすじ
貴方は冴えない社会人●年目の貴方。
ギャルが好きで好きでたまらないマゾ男。
今日も激務を終え、退勤し家路につこうとしていた。

そんな貴方にいつぞや聞いた事がある声が。

「よぉーーーおっさん。元気そうだなぁおいw」

それは以前、貴方をボコボコにいじめた
金髪褐色ギャル、にあ(CV.塩胡椒目玉焼き)

「へぇ~…マジで冴えないおっさんじゃんw」

そしてその隣で、ニヤニヤと
意地の悪い笑みを浮かべる黒髪色白ギャル、りの(CV兎月りりむ。)

スカートの捲って挑発してくるJK二人に思わず勃起してしまう貴方を見透かして

「で、おっさんはーー…
あははっ!やっぱりぃ!スーツの上からでも分かるくらい勃起したぁwww」

と馬鹿にする。

りの「このおっさんがあまりにも貧相で残念でキモかったからぁ
つい遊んじゃったぁww
ほんっとに、にあの見た目が好きなんだぁ?W
いい趣味してんじゃん?
気持ちはわかるよぉ?エロいよねぇ?にあ…
…はぁ?あたしの見た目もあり?」

りの「誰に向かって、どの立場から物言っちゃってんの?W
ありってなんなの、ありって。」

にあ「おっさーん、まだなんか勘違いしてんなぁ?
身の程弁えな蛆虫、今日はあたしら二人で
その辺きっちり叩き込んでやるから覚悟しなぁ?W」

りの「じゃホテルいこっかぁ、おっさんw」

この二人についていったら、自分はどうなってしまうのか…。
疼くマゾちんぽと好奇心に負け、貴方はまんまと二人に連れられホテルへと向かう。

そこで貴方を待っていたのは

手加減なし、容赦なしの罵倒、人格否定、嘲笑。
にあから浴びせられる男性でも戦いてしまうような怒鳴り声
りのから浴びせられる生ゴミに向けられるような冷たい声
相反する二人から各々ぶつけられる罵倒にマゾちんぽがガッチガチに。

汚いケツ穴を見られながらイチジク浣腸を強要され
全裸で土下座、床に擦りつける頭ごと踏みつけられる。
床に正座させられ二人が満足するまで我慢させられる。

「おっさーん?見えてるー?
おっさんは死んでもさせてもらえないエロい事
これからあたしがにあにしちゃうからちゃ~んと見てな?W」

見せ付けられる濃厚なレズプレイ。
自分は触れられもしない褐色ギャルが乱れていく。

「ねぇおっさんwあたしらのレズセックスオカズにシコシコしたい?W
したいよねーーーさっきからちんぴくしてんの超間抜けwww
あたしはめっちゃ優しいから、見ヌキは許してあげるよ?

その代わりー射精する時はおっきい声で
「年下の女の子に人権否定されて気持ちよくなるど変態の僕は
レズプレイ見せつけられて射精します!射精します!」って言うんだよ??W」

散々見せつけられたレズプレイで見ヌキ射精してしまった貴方。
そして最後にはギャル二人から口とアナルをペニバンでガン掘りされてしまう。

りの「ちゃーんとほぐさないとぉ
このペニバンでおっさんのケツ穴ずたずたになっちゃうからねーww」

にあ「別にそれでもあたしはいいけどねーw
全然ほぐれてないケツ穴に無理やりこのかったぁい
ペニバンねじ込んでやってもいいけど血液って怖いんだよねー
感染症持ってそうだもんおっさん。」

精神も体もボコボコにされてしまった貴方だが、悔しくて
悲しくて虚しいのに今までに感じた事のない強烈な快楽にトコロテンまでしてしまい

もう自分はここから逃げられないかもしれない…
ぼんやりとする意識の中でそんなことを考えていた。

★クレジット
声優
塩胡椒目玉焼き
兎月りりむ。

イラスト
うめちゃづけ

効果音
オコジョ彗星様 射精音・クチュ音
ディープロスト様 色んな効果音100


過去記事