女子水球部に負けた日~大学編1~




■強豪・女子体育大水球部に圧倒され水中で犯される男子水球部
高校時代に全国大会で優秀選手に選ばれるも、非強豪大学に
進学した浅井涼は女子の強豪・青邦女子体育大との練習試合に臨むことに。

しかしチーム力で圧倒的な差を見せつけられた涼は
チームのためにそれまで封印していた個人技で反撃を試みる。

そんな彼のマークに着いたのは、
高校時代に同じ水球部で実力的にはさほど目立たない存在だった白井雪菜。
涼にとっては全く問題にならないはずの相手だった。

しかし女子体育大での練習により才能が開花し、
さらに米国への水球留学で欧米の女子選手並みのフィジカルを
手に入れていた雪菜の前に、まったく歯が立たない涼のプレー。

「日本の男子水球選手は欧米の女子選手の足元にも及ばない」
そう言い放つ雪菜に、涼の男のプライドはズタズタに引き裂かれ、水中レイプされてしまうのか?